« №67 東方通信.5 | トップページ | №69 さらば文化会館 »

№68 きらめくララバイ♪

 突然余談だが、今ウンナンが
やっているラジオを聴いている。
同世代に向けた?懐かしめの
味がフィットしていて私的には
「ど真ん中」。
 お二人とは全く違う人生を
歩んでいるのに、なぜか共通の匂いを
感じてしまうのである。
ビデオがないだけに真剣になって
みていたという話には、はたと膝を
打ったものだった。皆同じ体験をして
いるのだなあと。

  さて、マクロスと一緒に
放送されていた「レインボーマン」
アニメ版。やはり特撮版に比べると
圧倒的に影が薄く、加えて
マクロスよりはメカにもキャラにも
魅力が薄い。全く話題にならず
あっさり姿を消してしまった。
見てはいたのだけど、あの特撮版
のどろどろした感じがスポイルされて、
よくも悪くも日曜の昼にフィットした
「レインボーマン」だった様な気がする。

 一方の超時空シリーズはマクロスの
大ヒットを受けて新たなシリーズが
作られる。その名も「超時空世紀オーガス」。
製作会社も一新されたが、
基本的なスタッフはマクロスから
引き続がれていた。

 しかし、やはりマクロスが始まる前の
あの何とも言えない高揚感はなく、
それどころかある意味マイナススタート
になってしまったのは「オーガス」に
とっては気の毒だっと思う。
加えて、美少女キャラが多々でている
のにも関わらず、主人公のキャラが
我々の間ではなぜか不評で、
次元エレベーターなど設定に
見るべきものは多かったのに、
評価は低かった。
 スポンサーも局も大ヒット作の
後を受けての作品だけに期待大
だったそうだが、結果は惨敗。
あろうことかスポンサー企業の
倒産の引き金にもなってしまった。
考えてみてもバルキリーの
おもちゃは当時高校生だった我々ですら
本気でほしいと思ったものだった。
実際買っていたやつから見せてもらって
心底羨ましいと思った事は子供時代を
さかのぼってもそれほどない。
 それから比べると後番組で
バルキリーを超えるメカを生み出
さねばならないという事になれば
これはもう要求されるレベルが
高すぎたとしかいいようがない。

 これが「サザンクロス」になると
「劇場版マクロス」製作のため、
メインスタッフはそっちにいって
しまい、ほとんど新しい顔ぶれが参加
する事になった。
 当時はマクロスから始まって、
「キャッツ.アイ」のヒットで一つの
到達点を迎えていた。
アニソンが商売になるという
認識がはっきりと社会に、
良くも悪くも認められてしまった
時代だったのだ。
 「サザンクロス」というのは
そうした認知の元に、柳の下の
ドジョウを狙って作られた感じ
がアリアリの主題歌だった。
今でも普通に聞けるというのに
内容は全く思い出せない。
香取容子さんの歌も決して
悪くないのに、やはり食べ
合わせが悪かったとしか
考えられない。

 結局「超時空」シリーズは
マクロスに始まってマクロスで
終わってしまったとしか
言いようがないのかもしれない。

 後にオーガスには続編が
作られたが、全くと言っていいほど
食指が動かなかった。マクロスの
続編は自分も結構しつこくおっかけて
いったのに。

 これも我ながら対照的な感じがした。

|

« №67 東方通信.5 | トップページ | №69 さらば文化会館 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

オーガスはかなり不評でしたけど個人的には好きだったんですけどね。
はまったかと聞かれたらはまってはいないんですが(苦笑)

投稿: 斯波 | 2006年4月23日 (日) 16時29分

>斯波さん
 オーガスに関して言えばやはり後半マクロスでテンション下げられたまま、次に気持ちを高めて持っていきにくいうちに始まってしまって、冷静な評価がしにくいアニメでしたね。ケーシー.ランキンさんの主題歌や舞台設定等は好きだったんですけど。

投稿: モンスターAM | 2006年4月23日 (日) 19時54分

当時は仕事が忙しくて日曜昼は疲れて寝てました。巨大ロボット化するレインボーマンはそのせいで見た事がありませんでした。
新聞のTV蘭には「愛の戦士 レイボ-マン」とあったのは認識してたのですが。

「インドの山奥出っ歯のおぢさん…」
おっと…。

投稿: きょ仙 | 2006年4月23日 (日) 20時03分

>きょ仙さん
 つっこみどころといえばやはり実写版の方があったと思います。一番こまるのはあくがなくてつっこみようがないと。今見れば受けてとしてきちんと料理する自信はありますが、当時の私にとってはアニメのレインボーマンは少々もて余し気味でした。

投稿: モンスターAM | 2006年4月23日 (日) 20時25分

私の地域では
インドの山奥でんでん虫かたつむリカちゃんぷれぜんトンボのめがねがへをこいたでした(笑)
ケーシー.ランキンの主題歌はよかったですねぇ。

投稿: 斯波 | 2006年4月24日 (月) 13時13分

>斯波さん
 レインボーマンのかえ歌、頭はだいたいどこもにているみたいですけど、私の周りは結構でんでん虫以降がぐだくだになって歌っているのが多かった覚えがあります(笑)

投稿: モンスターAM | 2006年4月24日 (月) 18時21分

livedoorウィキの【超時空騎団サザンクロス(1984)】記事は画像付きで超豪華で詳しいです。


作成者の一人です


Goggleで検索すれば、最初に出ますよ

お試しあれ

投稿: ノヴァサトリ | 2010年7月28日 (水) 04時48分

ノヴァサトリさん

 すいません。拙ブログは現在アメブロに移籍しておりまして、ここは使っていないのでお返事遅れました。お許し下さい。拝見しました。お詳しいですね。私はサントラ盤くらいしかもっていませんが、懐かしかったです^^ありがとうございました。

投稿: モンスターAM | 2010年7月30日 (金) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78408/1507336

この記事へのトラックバック一覧です: №68 きらめくララバイ♪:

« №67 東方通信.5 | トップページ | №69 さらば文化会館 »