« №559 ルパン | トップページ | №561 バットマンビギンズ »

№560 通夜で聞いた話

  今月の6日に大叔母が大往生しました。
その時の通夜で聞かされたお話です。

 大叔母には二人息子さんがいて、
ご長男はすでに他界なさっています。
当時入院中だった大叔母に心配かけまいと
周囲は他界の件はなくなるまで
秘密にしていました。
 ところがある日のこと、それまで
名前さえ口にしなかったご長男の名を
大叔母が「○○どうしちょるかね」というのです。
それもご長男が亡くなられた直後くらいに。
周囲は内緒にしていたけど、きっとご長男が
母親に挨拶に来たのかもしれないと
弟さんはおっしゃっていました。

 全ては大叔母の胸の中で真実は
語られずじまいでしたけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« №559 ルパン | トップページ | №561 バットマンビギンズ »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

切ないお話ですね・・・。


  プッブログのほうにも、いらしてくださいな。
   カッキ-さん扮するミヤマ☆仮面のクワレスみてきた話をかいてます。

投稿: 蝶吉 | 2007年8月12日 (日) 09時55分

>蝶吉さん

 了解しました。さっそくコメントを
残してきました。記事書いていないときでも
なるべく見るようにはしているんですよ。

投稿: モンスターAM | 2007年8月12日 (日) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78408/7496479

この記事へのトラックバック一覧です: №560 通夜で聞いた話:

« №559 ルパン | トップページ | №561 バットマンビギンズ »