« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

№1125 私のロボット歴その2

コネタマ参加中: あなたを熱くさせたロボットアニメは?

 さて、続きである。
ガンダム終了してから、富野総監督が放った
とんでもない傑作「伝説巨神イデオン」が
はじまった。ガンダム以上に入り組んだ
ストーリー、とてもおもちゃなど売る気のない
思想概念...案の定、番組はガンダム同様
39話で打ち切り。

 ところがここからが凄い。
当時のアニメファンの熱は、その残り
4話を見たいがために、ものすごいパワー
を発揮し、ついに映画自体が伝説に
なってしまった「接触編」「発動編」の
2本同時上映として、帰ってきたのだ。

 これ以降、打ち切られたアニメは
なんでも劇場版が作られる悪い
風潮も生んでしまったが....

 この後富野監督は「戦闘メカザブングル」
から快進撃を始めるのだが、逆に
マニアからは厳しい洗礼も浴びていた
ようだ。
 「聖戦士ダンバイン」がスタートするとき、
アニメシティというラジオ番組に富野総監督
がご出演されて、そこで私のハガキが
読まれた。いまでも監督が私の名を呼んで
くださったことは鮮烈に記憶に焼き付いている。

 この時代、私はとりつかれたように
雑誌投稿をしていた。
そのネタのひとつとして初めて採用になったのが
「超獣機神ダンクーガ」と「蒼き流星SPT
レイズナー」である。
 前者はキャラの斬新さと、メカのかっこうよさ。
後者は「ボトムズ」の高橋良輔監督のシリアス
路線のロボットアニメ。主人公のエイジを演じた
井上和彦さんの名演が光った。
ちなみにこの2つの作品も打ち切られたのだが、
劇場ではなく、OVAとして復活したのである。
この辺が先んじて劇場化された「宇宙戦士バルディオス」
や「戦国魔神ゴーショーグン」あたりとは一線を画す。

 とにかく80年代のガンダム以降には
リアルロボット以外にも優れた作品が
大挙して登場した時代だった。

(とりあえず次が最終回です...
そのはずです^^)

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。
 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1124 私のロボット歴その1

コネタマ参加中: あなたを熱くさせたロボットアニメは?

 日本最初のロボットアニメといえば
「アトム」。巨大ロボなら「鉄人」になろう。
残念ながら当時生まれていなかった
もので、この辺は再放送体験者である。

 記憶にあるものでいちばん古いのは
「アストロガンガー」かな。
これは「マジンガーZ」より古かったと思う。
その「マジンガーZ」だが、テレビマガジン
の主催したマジンガーズクラブに入会したり、
当時まだ下関にあった東映の劇場に
足を運んだりして、頭の中はマジンガー
だらけだった。

 中でも衝撃作だった「マジンガーZ対暗黒大将軍」
では、無敵のマジンガーZがぼろぼろになり、
もうだめか、と思わせた瞬間、稲妻とともに
救出にあらわれたグレートマジンガーの
かっこよさに一目惚れ。
 この頃からコミックスも買い始めたと思う。

 マジンガーシリーズを抜けたのは
やはりデュークフリードが主役になって、
甲児くんが脇に追いやられてしまった
「グレンダイザー」あたりか。
たとえ、どんだけフランスでヒットしようと
それだけは許せなかった。

 その後ガンダムまでブランクが開くのだが、
(例外として鋼鉄ジーグとか、グロイザーX
とかは見ていた)
惜しいことにその間もとぎれることなく
名作は輩出されていた。

結局再放送で全部見たけど。
だからこの頃まとめて知ったのが、
故.長浜監督の作品だったり、
故.鳥海監督の作品だったりするわけである。

 ガンダムは確かに衝撃作だったけど、
当時の評価は「ザンボット3」や「ダイターン3」
の方が上だったように思う。
 そして、私はガンダム後の問題作に
出会うわけである。

(この稿つづく)

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1123 一月のクリスマス

 ミクシイの方の「下関市」コミュニティーの
月末定例オフ会に行ってきました。
場所は唐戸にあるおしゃれな
カモンワーフの2階にある「イッツ.クリスマス」というお店。
いつ来られてもクリスマス気分が味わえる
趣向とのことで「1月のクリスマス」。

 海峡メッセなら得意なんですが(プロレス
でしょっちゅういっているし...)、
こういう場所は、ほとんど来ないもので...
最初はすっげぇ緊張していました。
7時15分の段階で、私含めて2人しかいなかったので、
だいじょうぶかなと思っていたら、三々五々で
続々と集まり始め、気が付いたら20余名の大所帯に。

 本当に性別も年齢も何もかもがばらばらなんですね。
こういう会は初めて参加したので、普段のマニアックな
性癖はなるべく抑えめ...にしていたら、
ほとんどしゃべれなくなってしまいました。
 名乗っていただいてわかったのは、
2名様だけかな。
私の前の席の女性が気を遣っていただいて(すいません。
お名前失念しました...)話しかけてくださったのが
本当に救いでした。
 カウンセリング以外で女性と話すのは本当に
久しぶりだったので、失礼がないかどうか
ドキドキものだったんですが....
 会そのものは本当に楽しかったです。
内心綱渡りものだったんですが、
なんとか切り抜けてほっとしています。

 次回はまだどうなるかわかりませんが、
一月前ならご縁すらなかったのに、
妹に頼まれごとをして、コミュに入ったら
あれよあれよという間にここまできちゃいました。
これも何かのご縁でしょう。
元々下関市民ながら、地元のマイミクや地盤が
弱かったので、これを機に仲良くしてくださると嬉しいです。

 昨日はどうもありがとうございました。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1122 あえて一つ選ぶなら

コネタマ参加中: ドラマ化してほしいマンガはどれ?

 あえて一つあげるとしたら、
それは島本和彦先生の「吼えよペン」。
「燃えよペン」から始まる一連のシリーズ
はアニメ化するより、むしろ実写に
向いていると思う。
 どう映像化されるのか、想像も
つかないが、熱いドラマが少ない
と嘆いている私のような人間でも
きっと見ること間違いないだろう。

 幸い原作のネタはいくらでも
あるのだから、ストーリーには
困らない。

 いや、「アオイホノオ」なら
登場人物をすべて実在の
人物にしてほしいくらいだ。

 庵野監督あたりなら、出演経験も
豊富だし、どうなるかたのしみだ。

 ありえないマンガのドラマ化なら、
きっとわくわく出来る。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1121 今はなつかしきあの...

コネタマ参加中: もう一度食べたい給食のメニューは何?

 もう一度食べたい給食のメニューと来れば
あの薄いカレースープと、鯨の竜田揚げになる。
肝油もそうだが、大人になってまさか
滅多に食べられないものーになろうとは、
子どもの頃は露ほども思っていなかった。
それだけ身近なタンパク源であり、
下関では、ふぐやうによりも親しまれていた
味だったのだ。

 あの時飽きるほどくっていたのに、
食べられない今となっては
無性にあの頃の味が懐かしくなる。
しかも高級料亭では食いたくない
のだ。
 あのぼろなコンクリートの冷たい建物
のなかで、あの学習机の上に載せた
トレイで食べたいのだ。

 今はもう食べたくても食べられない
鯨の竜田揚げ....
もう一度食べられるなら、
断然これに限る。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

№1120 ダイヤルMを廻せ

 08年11月26日鑑賞。

ご存知ヒッチコック監督のサスペンス。
若き日のグレース.ケリーがとにかくかわいい。
旦那の陰謀と無実の罪に巻き込まれる妻の
心理描写合戦がこれでもかというくらい
繰り広げられている。

全体的に画面がおしゃれ。
台詞も洗練されていて、原作をより
咀嚼したヒッチコック監督の腕のさえが
ここでも見られる。ヒッチコック映画が
好きだと言っている割にはまだまだ
未見のものがたくさんあるのだが、
見てよかったと思うものが多い。
古典だと嫌う前にぜひ見るべき
映画だと思う。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1119 男に生まれ変わるなら

コネタマ参加中: 男と女どっちに生まれ変わりたい?

 こういう事が出来る「」になりたいっ!!


http://simamotoblog.zenryokutei.com/?day=20090125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1118 生まれ変わるなら?

コネタマ参加中: 男と女どっちに生まれ変わりたい?

 男ですよ。
若い頃にかなり人生悔い残しているし、
社会に出てからも病気ばかりしているし、
やはり男と言わず女と言わず
健康がいちばん。

 健康な人生だったらどっちでもいい
んですが、男だからこそできる事も
一杯やり残している気がして
ならないので、これから取り返す分も含めて、
もう一度「男」ですね。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1117 なんて熱い響きだ!!

コネタマ参加中: あなたを熱くさせたロボットアニメは?

 「ロボット」

なんてあつい響きだろう。
確かに「モビルスーツ」や「アーマード.トルーパー」が
出てきたときには、今までにない熱いものを
感じはした。
 だが、世間が今や「モビルスーツ」に
占拠されてしまった現在、「ロボット」にこそ
熱い魂を感じる。
 いい例が今年劇場公開も待っている
「天元突破グレンラガン」である。

 魂と魂のぶつかり合い、男の熱を持った
当作は、その象徴として無数のドリルを持つ。
ああ...ドリル...

 モビルスーツになくて、ロボットにあるもの...
それはドリルである。
穴を掘って突き進む、作った道は振り返らない、
ここに「魂」がなくてなんといえよう。

 あの「ガンダム」でさえ「機動武闘伝Gガンダム」
でガンダムファイトの名を借りて、
ロボットアニメへの原点回帰を見せた。
それはモビルスーツもまたロボットの
一つであることを、我々に教えてくれたのだ。

 ああ、なんと胸を打つ
「ロボットアニメ」という言葉の響き...

 私はこれからもロボットアニメを
愛し続けるだろう。

 
ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1116 冗談じゃない!!

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090126-OYT1T00621.htm

 鬱病を装い、お金をだましとるなんて
最低だっ!!
こんなやつがいるから、鬱病患者が
白い目で見られるんだ。
まったく腹が立つ。
死刑にしても収まりがつかない。

 だいたい、こいつらに金払って、
我々のような真性の鬱患者に
なぜ援助がないのだ。
おかしい話しじゃないか。
役所はどこを見て審査しているんだ。

 こっちはちょっとブログに鬱のことを
書いただけで、「にせもの」よばわりされた
事だってあるんだぞ。
ひっさびさに、マジでむかついた。

 社会のゴミだ。
こんなやつら!!!!!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1115 平成ライダー10周年

 キバとゴーオンジャーは結局録ったまま
一度も見ずに1年経ってしまった。
しょうがないので、今年はちゃんと見ようと
言うことで、ディケードを。

 事前情報一切なしで見始めたけど、
まあこれはこれでアリかなと思う。
會川昇さんの脚本は一回や二回では
判断できないからなあ。

 でもディケードの変身後は
個人的にはいまいち。555の時みたいに
なれてくればみられるかも知れないけど。

 というわけで特撮ファンカムバック
宣言でした(笑)

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1114 とんでもない2本立て

コネタマ参加中: 思い出の“スポ根マンガ”は何?

 「エースをねらえ!」の劇場版は、「あしたのジョー」
でもおなじみの、出崎統監督と杉野昭夫作画監督の
名コンビによるものである。

 出会いは高校生の時に見たパート1の再放送(新エースは
塾があってみていなかった)で、そこから原作に行って
映画版だった。
といっても、劇場でこれを見たわけではない。
まだ男一人で少女マンガを劇場に
見にいく勇気はなかったのだ。

 そんな中、仲間の一人が堂々と
一人で劇場版を見にいったという。
感想を聞いてみると「同時上映がものすごかった」
という。
 そう、下関で上映された「エース」の同時上映は
あの沢田研二主演の名作「太陽を盗んだ男」
だったのだ。

 後に両方の作品をみたのだが、
あまりの作風の違いに、「なんでこういう
組み合わせにしたのか」と言う謎ばかり
浮かんでしまった。
どっちも名作には違いないんだけど。

 私の中では今でも両方がセットになって
浮かんでくる。今でこそほとんどなくなった
2本立て、3本立てだが、当時は
当たり前だったのだ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1113 押井監督の師匠、逝く

 23日に、アニメ監督の鳥海永行氏が
ご逝去された。
 「ガッチャマン」「テッカマン」「ニルスのふしぎな
旅」「ダロス」など名作を世に出し、また押井守監督の
師匠でもあられる同氏。

 以前放送された「まるごと押井守」で、
鳥海氏と共同監督された「ダロス」で
師匠との確執で作品をおりてしまったこと、
そしてその後和解できたことを
押井さんがせつせつと語っていらしたのが
印象的だった。

 また、私的には昨年末「劇場版
宇宙戦士バルディオス」を見返したのも
虫が知らせたのかもしれない。

 ともかく鳥海作品には人生の中で
大きく影響を受けた監督の一人であり、
大変残念でならない。

 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1112 スポ根マンガとの出会いと現在

コネタマ参加中: 思い出の“スポ根マンガ”は何?

 基本的にスポ根は今でも大好物である。
自分の限界を超えたところにある
もう一段上の限界をめざす姿が
とても美しく、自分でも生き様を
まねてしまった結果、身体のあちこちに
支障をきたす身になってしまった。

 「巨人の星」も「あしたのジョー」も
「タイガーマスク」も我々よりは
5才くらい上の人たちからがリアルタイム
ではまっている世代だと思う。
ウルトラマンで言えば、我々は「帰ってきたウルトラマン」
巨人の星とあしたのジョーなら
「新.巨人の星」と「あしたのジョー.2」が
リアルタイムなのである。

 ただ、幸運だったのは両作とも
「2」と出会う前に再放送でみていたこと。
このおかげですんなりパート2に
入って行けた。

 奇しくも小学校高学年から高校2年
くらいまでの多感な時期に影響された
というのはものすごい幸運だったと思う。
あの頃は根性する自分のことを
かなり自分で好きだったんだと思う。

 ところがおもしろいことに「巨人の星」
をみても巨人ファンにはならなかったし、
「あしたのジョー」をみてもボクシングファン
にはならなかった。野球は近鉄だったし、
ボクシングよりもプロレスに傾倒していった。

 その余波は現在の嗜好にもあらわれていて、
島本和彦さんの「逆境ナイン」「燃えよペン」
だったり、あるいは「天元突破グレンラガン」
といった作品群に心惹かれるわけである。

 ともかく、時代遅れといわれようが、
身体をこわそうが、私の心の中に
確固たる位置をもってあるのが「スポ根」
なのである。

 まだまだ好きな作品はあるのだけど、
今回はこの辺で。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

№1111 髪切った?

朝から雪のちらつく中、散髪に行った。
私は昔住んでいた近くの、なじみの店に車で
通っている。2~3ヶ月に一回だけど。
先客が一人いて、待つこと40分、
私の番がきたら、すぐ次のお客が来た。
こんな天気の日に珍しい。

 散髪を終えて外へ出ると頭がすーすー
する...というより凍えそうだ!!!!
芯から冷えるっ。

 雪は夕方になっても降ったりやんだりで
散歩に出かけたとたん、吹雪やがった。
頭頂部はそのままなので朝の比ではないくらい
寒い。健康のために出かけているのに、
ものすごく不健康な事をしてしまった。

 いつもの散歩の道すがら、犬小屋があって、
老犬が散歩の時間らしく、いつもくんくん鳴いている
のだが、今日通ったら犬小屋ごとなくなっていた。
本当にお亡くなりになったのかもしれない。
寒いからなあ....

 今雷が鳴った。
真冬の雷はなんか、やだ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1110 ストレンヂア 無皇刃譚

 08年11月25日鑑賞。
力ある者も野盗に堕して無法が
横行する戦乱の時代――。

 はるか中国大陸から身よりを
亡くした一人の少年が、禅僧“祥庵”
(声:竹中直人)に連れられて海をわたり、
日本へとたどり着いた。
その名は“仔太郎”(声:知念侑李)。

 だが、仔太郎の身体に隠された驚くべき
“秘密”を求め、明国(みんこく)の謎の
武装集団もまた、追撃の上陸を果たしていた。
祥庵の庇護も失い、天涯孤独となって
愛犬・飛丸と赤池の国・白土の万覚寺を
目ざす仔太郎は、とある荒寺で自らの
名を捨てて刀を封印した奇妙な剣士
“名無し”(声:長瀬智也)と巡り逢った。
大陸の刺客に襲われ、危ういところを
名無しに救われた仔太郎。

不敵な笑みを浮かべる浪人と他人を拒む
少年は、最初こそ互いに反目を覚えたものの、
やがて道中をともにすることになっていく。

 一方、追っ手の大陸勢で頭目を務める
老人・白鸞(びゃくらん)は、赤池城領主と
追撃の連携を取りながらも、仔太郎を
捕らえた後に行う怪しい儀式の準備を
始めていた。その一味の中でも異彩を
放つ金髪碧眼の剣士“羅狼”だけは、
一味の最終目的を意に介せず、
命令に従いつつも、ひたすら強い相手を
求めて己の刃をふるい続けていた。

 やがて仔太郎の“秘密”は、あまたの野心を
触発し始め、数々の思惑が激流となって
人びとを巻きこんでいく。旅の中で互いを
認めあい、絆を深めていく名無しと仔太郎。
互いの実力に引き寄せられていく
羅狼と名無し。宿命の縁に結ばれた二人
の漢<おとこ>の、刃を交えるときが迫っていた……。

 名無しを演じているのがトキオの
長瀬智也で、割合はまっていると思う。
一見考証ものと思いきや、無国籍風の味わいが
漂う時代劇。細かい動きも正確にフォローされており、
ここは世界に名の通ったスタジオボンズ
らしい画面といえよう。
名無しと仔太郎の友情が深まっていく様が
丁寧に描かれている、けっして大作では
ないけど、見るのをおすすめしたい一本。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1109 小学生の頃

コネタマ参加中: 飼えるものなら飼ってみたい動物は?

 近所のおばさんから「ふなきん」をいただいて
それを飼っていた。
これがまた長生きなやつで、
産んだ卵や、連れ合いはばくばく
食べちゃうくせに、自分だけは
生き残っていた。

 それでも身体はあまり大きくならず
私が帰ってくると、玄関先で
クチをぱくぱくさせてお出迎えしてくれた、
私にとってはかわいいやつだったのだ。

 ある日、そんなふなきん(名前つけていなかった)
が腹を見せて、ぷっかり水上に浮かんでいる
ではないか。

 とうとうくるべき時が来てしまったのである。
別に悲しくはなかったが、お墓を
つくりながら「もう動物は飼わない」
と心の中で誓ったのである。


 それ以降、動物は飼っていないし、
飼いたいと思ったこともない....

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1108 3Dは苦手...

コネタマ参加中: あなたが作った自慢のプラモデル教えて!

 決して2D専門というわけではないが、
3Dは苦手である。
小学校の頃何個か組み立ててみたものの、
自分の手先の不器用さにほとほと呆れてしまった。

 以来プラモには手を出していない。
フィギュアにしても然り、である。

 有名なガンプラにしたって、
リアルタイムでファーストガンダムを
体験しているものの、微妙にブームと
時期がずれてしまい、いまだ手にしたこともない。

 ゲームもやらないし、プラモも作らない。
オタク道からすると私はすこしずれた
邪道オタクなのである。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

№1107 ドラゴンハート

08年10月29日鑑賞。
タイトルからしててっきりカンフー映画だと
思っていたら、文字通りのドラゴンが出てくる
ファンタジー映画だった。
暴君の息子が瀕死の重傷を負い、
何とかそれを助けるべくドラゴンの
心臓を分け与えてもらう。
その条件として先代の暴挙を
繰り返さないことと、古き教えを守って
正しい道を生きよ...というものが
課せられたのだが、暴君の息子は
暴君でしかなかった。

  あきらめと絶望の中でもう一度
立ち上がったのは、かつての王子の
教育係だった騎士と、その騎士とぐるに
なって賞金稼ぎをしていたドラゴン
(声がショーン.コネリー!)=実は
心臓を分け与えたドラゴンだった。

ストーリー的にはまあまあおもしろかったし、
時代的にもCGがんばってたんじゃないか
と思う。別にカンフー映画じゃなくっても
失望はしなかったし。

 それが一番大きかったかな。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1106 ガンダム30周年

 早いもので、ファースト放送から
今年で30年になるそうだ。

http://www.gundam30th.net/

記念に何かするらしいけど、
一番多かったのが「新作を」
という要望だった。

 「00」じゃいかんのかなあ。
特にシーズン2なんて、最高の出来なのに。
やっぱり富野御大がでてくるのかなあ。

 正直、今総監督にご登場願っても
それほど凄いものがみられるという
期待感はない。
むしろガンダムで育った人たちが
まじめに自分たちのガンダムを
作る方が、よほどガンダムのために
なると思う。

 「ガンダム00」は間違いなく、
30周年作品としてふさわしい
アニメだと思いますよ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1105 もう忘れちゃったなあ

コネタマ参加中: 入学試験の思い出は?

 高校の時は学校の校舎で受験したと思う。
後にクラスがその教室になって、
ちょっと驚いた記憶がある。
滑り止めも受かっていたのだが、
むしろこっちの方が記憶に残っている。

 寒い雪の中、集団で先生に引率
されて受験に行ったのだが、
下関ではなく、宇部だったので、
アウェイ気分満載で、緊張したのを
覚えている。

 その学校はスポーツが盛んで、
運動音痴な私はそれだけで萎縮していた。
幸い、行くことはなかったけど、
もしいっていたらどうなってたかな....

 大学は学校のある広島ではなく、
福岡で受験した。
電気ビルという建物には、今はどうか
知らないけど、FM福岡が入っている
建物で、ちかくにはRKB毎日放送も
あった。

 なんかおのぼりさん気分で
うかれていたのを覚えている。
そのせいか、第二志望の学校が
補欠で受かった以外は全滅していた。

 将来のことに関しては、絵の道を
あきらめざるを得なかったこともあって、
半ば投げやりになっていた。
だから大学は入れればどこでも
よかったのである。

 人生の辛酸をなめ尽くした今となっては
「おまえ、甘いよなー」と当時の自分に
いってやりたい気分だけど。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1104 映画は一人で見たい派

 子供の頃は両親もしくは
近所の友達が集まって、ゴジラ映画やら
まんが祭りに行くのが常だった。

 集団で行っていたのは、ファーストガンダム
三部作を含むアニメブームがあった頃だろう。

 そして、最後に友人(男)と連れ立っていったのは
機動戦士ガンダムF91だった。
これを最後に映画は一人で行き続けている。
もしくは部屋の中て゛一人鑑賞するか。

 そもそも映画がデートの中に組み込まれたのって
いつからなんだろう。私はよほど感性が
あわないと、絶対けんかになると思っているので
それ自体ありえない。
 もっともその前に下関にはデート目的で
行ける映画館なんかないけど。

 一人の方が性に合うって事もあるのだ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

※はじめまして※

 ようこそいらっしゃいました。
管理人のモンスターAMともうします。

Photo ←自画像です。

 広く浅い時に深いバカ。
現在鬱病にて
絶賛闘病生活中。

 大学時代は4年間
広島におりました。
それ以外は
ずっと下関です。

神田小学校~文洋中学校~下関第一高校
ここまでは故.松田優作先輩と同じです。
(もちろんお会いしたことはありませんが)
そして広島経済大学経営学科。

 拙ブログは私の日常から、映画、プロレス、
マンガ、アニメ等様々なジャンルを
思うままに書いているものです。
へたくそなイラストも不定期に
アップしています。

 また、拙ブログは一応無断で記事やイラストを
もっていかれるのはご遠慮いただいています。
もし持って行かれるときは一言断りをお願いします。

 なお、現在09年6月半ばをもって
アメブロにお引っ越ししました。


新しいアドレスは、こちらです。

http://ameblo.jp/king-of-heart1024/


 今後とも「回転!揺りイス固め」をよろしくお願いします。

| | コメント (0)

№1103 月2温泉1月編.みちしお

 整形の先生があんなことになって、
(なくなられたのは三が日で、新年会の
帰りに病院泊まって、そのままなくなっていたらしい。
警察も来て大騒ぎだったとか。)
温泉行く回数も自動的に増えた。

 今回は山陽小野田のみちしおへ。
土曜の夕方って意外と混まない
穴場の時間帯なのだが、
なぜか今日は芋の子をあらうほど
人がいた。

 さすがにのんびりもしていられず、
早々にあがってみると、
私のロッカーの前後左右を
今来たばかりの親子が独占。
早く脱いで入ればいいのに、
ぺちゃくちゃしゃべっている。
おかげで湯冷めしてしまった。

 そして、その帰り道。
近くの「○将」で持ち帰りの焼き餃子を
購入。
 普段は待ち時間には何もでないのだが、
今年からのサービスなのか、おねいさんが
一杯のあつあつウーロン茶をサービスしてくれた。

 こういう時は女性からいただくと
すっごく得した気分になる。
温泉入った後でなければ....

 まあ寒いところきてもらって、という行為だと
思うから、全部飲み干した。
おかげで冬なのに汗だらけ...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1102 まったく興味なし

コネタマ参加中: お気に入りの着メロ・着うたは何?

 ていうか、いきなり着うたとか、流れてくると
軽くむかつくんですよね。
自分が聞きたくもない曲を、人によって
聞かされるのって公害じゃないんですか?

なんでみんな黙っているのか
不思議でしょうがない。

 自分はバイブ機能にしているか、
電源切っているし、まあかかってくることも
年に一、二回あるかないか。
こっちからかけることはまずないので、
携帯自体が無用の長物なんですが、
公衆電話がこれだけ少ないと
持たざるを得ないんですよね。

 携帯と名がついていますが、
そもそももって歩かないし。
外出するのはほとんど病院なんで
かけられないというのもあるし。

 そうそうそういう「かけてはいけない」場所で
鳴る着メロって、普段怒らない私が
ブチ切れそうになる瞬間でもあります。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

№1101 さらばLDプレイヤー

 詳しくはこちら↓から。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0901/14/news076.html

 ああ、とうとうこの日が来てしまった。
LDはディスクだけもっていて、本体は
「いつか買うからいいや」とスルーし続けて
とうとうこの日に至ってしまった。
これでうちにあるディスクはすべてゴミである。
これらに何万投資したか...

 永久に高画質でみられるというLDは
当時の花形だった。
あこがれの家電製品だったんだけど。

 ベータビデオは生産終了時に
最終モデルを購入したが、今回は
そんな余裕もない。ただ、むなしさだけは
ベータの時の何倍もの喪失感がある。

 メーカーの都合で振り回されるのって
いつの時代もイヤなものです。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1100 キング.ボクサー大逆転

 08年10月25日鑑賞。
カンフー映画の黎明期にして、
これもオリジナル英題に「ボクサー」がつく。
考えてみるに、今なら空手、カンフーという
言葉で全世界に通じるが、
当時はそれに変わるわかりやすい言葉が
必要だったということだったのだろうと思われる。

 この作品は「燃えよ!ドラゴン」にさきがけて、
香港映画ではじめて全米公開され、
大ヒットした初めての作品なのだそうで、
本格カンフーブームの先駆けだったと
いうことを考えると興味深い。

 なお敵役の親分の名前がモンといって、
劇中で「モンさん、モンさん」と呼ばれて
いたのは個人的に大笑いしてしまった。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1099 思い出は粉雪とともに...

長府にあった○ルリーノというスポーツジムに
もう10年以上通っていた。
しかし、ジムが倒産してしまったため、
ある日突然いけなくなってしまった。

 その後買い取り手がついて、再開のめどが
たったという噂も聞いていたのだが、
昨年末から建物にシートがかぶせられ、
取り壊しが始まった。

 ここには色んな思い出がある。
女性の支配人さんとプロレス談義で
盛り上がったり、実際に選手に会えたり
(もと全日本で、今はメキシコで
活躍中の奥村茂雄選手)、とてもいい思い出だった。

 あの頃鍛えた身体も今は見る影もない
醜さになってしまったけれど、
思い出は決してなくなることはない。

 それでも、小雪のちらつく中、
無惨な姿をさらした建物の残骸を
みるとやっぱり寂しくなってしまうのである。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1098 吼えろドラゴン、起てジャガー

 08年10月24日鑑賞。
ブルース.リーに影響を与えた
というからどれほどすごい映画かと
思ったら、カンフー映画の黎明期の
作品らしく、今見るとおかしなところが
いっぱいある映画だった。

しかしタランティーノはこんなのまで
見ていたのか。すごい人だ(一部キル.ビル
にインスパイアされたシーンが登場する)
さすが、ジミー.ウォングというか、
これが初監督作品なんだな。

原題がチャイニーズ.ボクサーという
訳のわからんものなのに、邦題はそれに
輪をかけて意味不明。
誰がドラゴンで、誰がジャガーか
さっぱりわからない。

公開当時はロマンポルノ全盛の
にっかつが配給したんだそうで、
そのせいか全然ヒットしなかったらしい。
ある意味貴重な映像を見ることが
出来たという意味で、誕生日に
ふさわしい映画だったといえるかも知れない。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1097 ブリジット.リン復活!!

 ブリジット.リン出演作の日記は
こちらから。

http://king-of-hearts.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/341_east_is_red_84b0.html

https://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=10818525&blog_id=79925

 なんと私が愛してやまない映画「スウォーズ.マン」
シリーズの東方不敗役の、ブリジット.リンが
14年ぶりに銀幕にカムバックするんだとか。
こいつはとても嬉しい。

 情報によると香港ではなく、台北で
撮られる模様で、一刻も早くみたい!!
Photo







 イラストは東方不敗を演じた
ブリジット.リン。
とにかく格好いい俳優さんなんだわ。
ほれてまうやろーーーーーー

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1096 でてません。

コネタマ参加中: あなたの「成人式の思い出」を教えて!

 成人式の時は大学生でした。
広島にいたし、今みたいに連休に
なっているわけでもないし、
往復するだけで疲れるわ、金がなくなるわ
でメリットが一つもありませんでした。
 それに、当時放送されていた
「機甲創世記モスピーダ」

 http://jp.youtube.com/watch?v=Z336Q2GVZgM

これが見たかったのですね。

 当時ビデオももっていなかったし。
リアルタイムで見るしかなかったのです。
あ、これも好きなアニソンですね。
金田伊功さんの絵だし。

 というわけで、アニメの魅力に
遠くおよばなかった成人式、
の思い出でした。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

№1095 亀は意外と早く泳ぐ

 08年10月23日鑑賞。
平凡な日々を過ごしていた
主婦すずめ(上野樹里)と
幼なじみで奔放な性格のくじゃく
(蒼井優)はくされ縁。派手なくじゃくに
対して平凡なすずめは彼女のこと
を時にうらやましいと思うことさえある。
ある時、すずめは「スパイ募集」の
広告を発見してしまう。
彼女に課せられた任務はなんと....
平凡に過ごすことだった。

映画の紹介では脱力系エンターテインメント
とあったが、大爆笑は出来ないけど、
にやっとできるいい映画だと思った。
平凡の中に見方を変えれば刺激的で
斬新なものが眠っているから面白いと
いう発想は大いに頷けるものあり。

一見の価値ありの作品。

 実はWOWOWで見のがして以来、
チャンスを待っていたのだが、
地上波ローカルで放送が見られるとは
思っても見なかった。うれしい誤算だった。
脇を固める俳優さんたちがいちいち
ツボでそれに対して一歩も引かない、
上野樹里と蒼井優がこれまたすばらしい。

 本当に面白いですよ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1094 人生60年ジュリー祭り

コネタマ参加中: 大好きなアニソン(アニメソング)は何?

 昨日放送があったものを録画して
さっきみた。いやあ、こんな元気な60みたことない。
まったく変わっていないと言えば嘘になるが、
声量も声質もまったく衰え知らず。
最近は俳優.沢田研二しか知らなかったから、
久しぶりに歌手「ジュリー」をみて
鳥肌が立った。

 特に我々世代には避けて通れない
名曲「ヤマトより愛を込めて」を
歌ってくれたときは、背筋がぞくぞくした。
あの映画が公開されてから長いこと経つけど
意外とご本人がライブで歌っていらっしゃるのを
不覚にも今までみたことがなかった。
それだけに本当に嬉しかった。
これは「懐かしのアニソン」とかで十把ひとからげ
で聞いていい歌ではないからだ。

 一時、数あるヒット曲からこの曲だけ
「消されている」という噂もあっただけに
このライブでそれがそうじゃないんだということが
証明されて本当によかった。

 未だ3万人をドームに集めるこのパワー。
たった一人の歌手が3万人に元気を与えてくれる。
エンターテインメントはこうでないといけない。
見終わってものすごく嬉しくなった90分だった。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1093 いまこそ「ぼくんち」

 ココログニュースより
http://news.cocolog-nifty.com/cs/catalog/cocolog-news_article/catalog_domestic-200812242130_1.htm?s=app.f
彼女の代表作のひとつ『ぼくんち』に、このようなセリフがある。

「泣いたら世間がやさしゅうしてくれるかあっ。
泣いたらハラがふくれるかあ。泣いているヒマが
あったら笑ええっ!!」

 「ぼくんち」については過去ログも
ご参照ください。

https://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=6325528&blog_id=79925

 記事にはまったく同感。
いまこそ西原さんの金言を胸に
刻んで、笑って生きようでは
ありませんか。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1092 続.通院始め

 前回の記事はこちらから

http://king-of-hearts.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/1085-1c5a.html

 元旦明けから休診なんて...
どうしようとあたふたしていたら、
同じ病院に通っていた患者さんから
聞いたといって母がとんでもない
事を教えてくれた。

「T先生、なくなったってよ...」

 えーーーーーーーーっ!!!!

 道理で急すぎるとは思っていたが...
看護婦さんのだれもが知らないというのも
変だったし。でもなくなっているとは。
すでに身内で葬式も済ませたらしい。
私より10歳くらい上なのに
人の命はわからないものだ。

 ちなみに通っていた病院の
先生がなくなったというのは
これが初めてではない。
最初に通っていた病院の
先生も若くしてなくなられた。

...わしら親子は死に神か。


 結局、整骨院メインで通院
しなくてはならなくなったが、
これで果たしてもつだろうか。
不安も大きい。
なにせ遠いし...

 ともあれT先生の御冥福を
お祈りします。

 そんなこんなで昼パソコンを
開いたら俳優の牟田悌三さんが
お亡くなりになられていた。
ケンちゃんシリーズのおとうさん役で
私たちには記憶に深い俳優さんである。

御冥福をお祈りします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1091 それは半年前の話し

コネタマ参加中: 年末年始、カラオケでよく歌ったのは何?

 年末年始はどこもいかないし、
カラオケも去年6月に10数年ぶりに
行ったくらい。
そんなんだから、その時の思い出を
ひとつ書いてみよう。

 以前からカラオケ行くのなら
歌ってみたい曲が2曲あった。
ひとつは「仮面ライダーアマゾン」の
オープニングで、もう一つは
「闘え!ドラゴン」のオープニング。
どちらも菊池俊輔氏作曲の
子門真人氏歌唱による
名曲なのだが、同じ人が作っている
だけあって、よくにているのだ。

 昨年は2曲とも歌ったので、
下手なりに満足感はあった。

 「闘え!ドラゴン」は、当時東京12チャンネル
系列のなかった九州で、他局の金曜7時と
いうえ破格のゴールデン枠で放送
されていた。当時のカンフーブーム
をうかがい知れようというものだが、
主演の倉田保昭氏がまたかっこよくて
最終回のブルース.リャンとの闘いは
今でも脳裏に焼き付いている。

 もともと倉田氏は香港で日本人
悪役として名を馳せていた役者さんで
ブルース.リャン主演の「帰ってきたドラゴン」
では立場が入れ替わっての、壮絶な
バトルを繰り広げてもいる。

 そうそう、友人から「劇場版.闘え!ドラゴン」
の存在を教えてもらった。残念ながら
見たことがないので、無性に見たい。
いつかかなうと良いのだけど。

 映画といえば、近年、千葉真一対
倉田保昭という20年遅い夢のカード
が実現したのだが(下記アドレス参照)
http://king-of-hearts.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/721_0fa6.html
倉田氏はここでも年齢を感じさせない
回し蹴りや速射砲のようなキックを
魅せてくれた。
ファンとしては嬉しい限りである。

 さて、もう一度カラオケに行くチャンスが
あれば「闘え!ドラゴン」を歌うだろうか。
たぶん、いや、絶対に歌うと思う。
名曲ですから、おすすめですよ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1090 市川治氏.死去

コネタマ参加中: 大好きなアニソン(アニメソング)は何?

 ニュースより抜粋。
いろいろ好きなアニソンはありますが、
今は市川さんのご出演作品を
聞きたい気分です。
合掌。
Photo

勇者ライディーン」のプリンス・シャーキンをはじめ、「超電磁ロボ コン・バトラーV」のガルーダ、「超電磁マシーン ボルテスⅤ」のプリンス・ハイネルなど敵方にいる美形キャラクターの声を演じたことで有名な声優の市川治さんが1月2日に心不全で亡くなっていたことが明らかになりました。72歳でした。

詳細は以下から。
市川治氏=声優 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

市川さんは1965年に放送された
アニメ「スーパージェッター」では主人公
のジェッターを演じました。1975年から
放送された「勇者ライディーン」では
妖魔帝国の王子シャーキンを熱演。
シャーキンは普段は仮面を被っているが
外すと実は美形という、美形悪役の
元祖とも言えるキャラクターで、
「機動戦士ガンダム」に登場する
仮面の美形悪役シャア・アズナブルの
もとになったとも言われています。

また、「超電磁ロボ コン・バトラーV」
では地球侵攻軍の将軍としてコン・バトラーV
と戦うガルーダを、「超電磁マシーン ボルテスⅤ」
では貴族の誇りをかけてボルテスと
戦うプリンス・ハイネルを、
闘将ダイモス」では地球人と恋仲になった
妹を許せずに苦しむ地球攻撃軍の
リヒテル提督を、それぞれ演じました。

2006年に「超電磁マシーン ボルテスV」の
DVDが発売になった際には、すでに70歳
でありながらCMでハイネル役を演じ、
以前を変わらぬ美声を披露していました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

№1089 必殺仕事人2009スペシャル

 2007の時はまだ見る側にも
とまどいがあって、新キャラにも
なじめなかったのだけど、
今回は脚本もよいし、なにより、
役者さん達が完全に自分の役を
ものにしている。

 今回は仕事人側からいきなり死人が
でるなど、シリーズのプロローグとしては
ハードな出足で、今後シリーズ化される
レギュラー放送にも大いに期待がかかる。
こういう世の中だから仕事人は
必要になったのだな、とつくづく
思わざるを得ない。

まずは上場の船出だったんじゃないだろうか。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1088 浪費したのは...

コネタマ参加中: 年末年始に浪費したものは何?

 私は鬱のほかに腰も患っていて、
長いこと病院に通っています。
それはいいんですが、
やっぱり長く行かなかったり、
間があいてしまうと、治療で
得た「貯金」を食いつぶしてしまい、
たちまち状態が悪くなります。

先だってから書いているように
整形が先生の病気で急遽
無期限の休診に入ってしまったため、
その「貯金」が底をつこうとしています。

 皮肉なことに外へ出なかった分、
お金は使っていないのですが、
こういう形で「目減り」するなんて...

 やはり健康は第一ですよ、皆さん。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1087 年頭に元気をもらった知らせ

  私のプロレス仲間で大阪で演劇をやっている
F氏が、初のミュージカルに挑戦し、
それをひっさげてアメリカ進出するそうだ。
こんな不景気の折、明るいニュースなのは
いいことだ。がんばってきてほしい。

 ちなみに詳細は拙ブログのリンク集
「ファイティング※ネットワーク」から
「超人予備校」さんのサイトでも確認できます。

 超人予備校アドレス

http://page.freett.com/chojin/

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1086 新年の抱負を今頃...

コネタマ参加中: おみくじ引いた? 2009年の運勢と抱負を教えて!

 結局今まで初詣いってません。

おみくじもひいてないので
代わりに無料占いの一つを
本名でやってみたところ...

 ほのぼのとした雰囲気から、
人が自然と集まってきます。
その半面、怒ると非常に怖い面も。
争い事を好まず、自分のペースで
生きているため、せかされるのを
嫌います。かたさがまったくなく、
子どもっぽい。

......

いや、ほとんど人寄ってこないっすよ。

せかされるのが嫌いというのは
あたってますけど。
子供っぽいもあたってるかな。

 て、いうか、運勢どこにも
書いてないし....

...まあ、いいや。

 病院は当分休診らしいです。
とりあえず整骨院に行く回数が
増えそうですが、上田中まで通うのは
しんどい。

 体調はぼちぼちマックスきかかってます。
やばいです。明日行かないともうだめだな。
年末のアニメ三昧がたたった....
座りっ放しだったものなあ。

 で、新年の抱負なんですが、
なるべく人と会う機会を去年以上に
作りたいと思っています。
とはいっても体調次第なんですけど。

 昨日の夕方、散歩の途中で
初虹をみました。なんか得した気分なので
いいことがあるといいな。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1085 通院始め

 5日からは仕事始めということで
それに伴い病院も開業する。

またいつもの生活が徐々に
もどってくる...と思っていたのだが、
病院に着いてみたら、ドアが閉まったまま。
患者さんも看護婦さんも鍵がなくて
中に入れずにいる。

 ようやく先生に連絡がついたら
体調がよくないと言うことで、
臨時休診になってしまった。
長いこと通っているが、こんなの
初めてである。
医者の不養生なのか、正月ぼけかは
しらないけど。

 仕方ないので、母だけ家におろして
心療内科に行く。
こちらはいつもの通りだった。
ちゃんと開いていたし(笑)
駐車場もまあまあ満杯。
終了時も一時間早く来たので、
一時間早く終わった。

 なんだか中途半端な幕開け
になってしまった09年であった。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1084 月1温泉1月編.湯谷温泉

 今回は、母が割引券が余っている
というので、いつもと違う湯谷温泉へ。
下関と美祢の市境に位置する
吉田という街にある。
ちなみに、いきがけには東行庵と
晋作の湯がある。
通りがかり見たら、晋作の湯の駐車場は
満車だった。

 平日ならがら空きという湯谷温泉だが、
さすがお休みということもあってか、
こちらも駐車場は満杯。
浴室も決して広くなく、10人入れば
満員と言うところだが、それ以上の人がいた。
こんな状態は正月くらいだろう。

 こちらのお湯は飲めると言うことなので、
ひしゃくでお湯(湯船のじゃないよ)を
飲んでみた。無味で特に温泉らしい
味はしなかったけど。

 帰りは長府にできた一品食堂屋に
いって、夕飯。そこまで辿り着くのが
大渋滞で苦労した。
飯食っていると、店内放送でモッズの
「激しい雨」が流れていた。
ミスマッチだけど、なつかしかった。
大学時代よく聞いていたものなあ...

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1083 サイボーグ009イヤー

 今年は1000年に一度の
サイボーグ009イヤーという
事で、おおがかりな新聞広告が
正月の紙面を飾っていたのを
ご覧になられた方も多いこと
と思います。

 考えてみれば1964年生まれの
009は私と同期の作品でもあります。
009によって育てられた子供たち
だった私たちがしなければならない
ことは多いと思います。
そういう1年の位置づけを
年頭に当たって考えて見るのも
いいかもしれません。

009公式サイト
http://009ing.com/

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1082 五毒拳

08年10月14日鑑賞。

 物語は五毒という拳法の流派の師匠が、
最期の弟子に遺言を残すところから始まる。
五毒は弟子のうち4人までが悪行に手を染め、
世の中に悪名をとどろかせてしまった。
最期の弟子は技的には5人の誰もに
勝てないが、正しい志を持ったひとりと
組んでほかの弟子と闘い、五毒の師匠から
預かっている財宝をもつ人間から宝を
寄贈させ、罪の償いをするよう命じられる。

 しかし時既におそく、宝を預かっていた
学者は五毒の手によって殺されてしまう。

 これまでのショウブラザーズのシリーズ
からするとややおどろおどろしく、
爽快感も少ない。その分ストーリーで
見せていこうという趣向なのだろうが、
おなじ年代で作られた阿羅漢と比べると
アクション的にはいまひとつかなと
いう感じがした。

ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

 にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1081 大晦日総括

コネタマ参加中: 年末年始のテレビ番組、見逃せないのは何?

 結局正月まるまる1日つかって、
昨日の番組を見ている。
リアルタイムで見たのは
ハッスルだけで、あとは録画。

 しかしナンバーワンは
ガキ使だった。後半はまだ見ていない
けど、山崎対モリマンは最高の
プロレスだった。
特に幕間のスガッスルのダブル武藤対
ダブルダイナマイト四国には大笑い
させてもらった。
これがベストバウト。

 ダイナマイトは興味のある試合だけ見た。
キン肉万太郎は、茶番だったなあ。
原作に対してもリスペクトが感じられない。
武蔵...衰えたなあ。
川尻の試合がいちばんかな。
桜庭と田村は....実現しただけで
よしとしましょう。
なんか無理矢理二人を使って
Uの幻想を見る必要はなかった
のではないだろうか。

 さて、ガキ使の後半を見るとしよう。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

№1080 新年の金言

 Photo         
えー、年末はたくさんのご来訪
ありがとうございました。
ぶろぐ村のマイページが
アクセスできなくて、
こりゃもうひっそり
した年末になるなあ
と思っていたんですが、
嬉しい限りです。





 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

№1079 あけましておめでとうございます。

コネタマ参加中: お正月の楽しみは何?

 あけましておめでとうございます。
今年の賀状はご覧の3種で
お出ししました。

Photo_2

Photo_4

Photo_5






 

 




 ご希望に添えたかどうかは
わかりませんですが、
がんばって描きました。
年賀状を作り、出す。
そして返ってくるものをみる。
これがお正月のいちばんの楽しみですね。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 イラストブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »