« №1264 続.ギラギラ.海外編と女性編 | トップページ | №1266 ガンダム、農地に立つ! »

№1265 ネバー.サレンダー.肉弾凶器

 08年12月15日鑑賞。
WWEフィルム制作(エグゼクティブ.
プロデューサーにビンス.マクマホンの名が)で、
20世紀フォックス配給のちゃんとした映画。
アクション映画としてはよくできていて、
90分間飽きずに見られた。
アクション映画としては普通かな。
劇場でわざわざみようという気にはならないけど。

 主演はあのジョン.シナ。
ここがこの映画のいちばんの問題であって、
レスラー.ジョン.シナとして評価するのか、
俳優ジョン.シナとして評価するのかが
分かれ道になってくる。

まずレスラーとしてなら、売り物であるはず
の筋肉美を強調してもよかったんじゃ
ないだろうか。海兵隊出身者という設定も
生きてないし、ずっとTシャツ着てるし、
ぶっちゃけた話、映画「300」がやったような
潔さがないのだ。

これならちょっとしたマッチョ系の俳優に
なら出来そうな役所だし。なによりアクション
シーンでしょっちゅうKOされたり、
やたら銃をぶっぱなしたり(ランボーじゃないんだから)
レスラーじゃなくてもできるだろ。

俳優としてはスポーツ.エンターティナー
としてのたたずまいのすごさとか、
ちょっとしたかっこよさとか、オーラとか
そう言ったものが見られない。

結局WWEフィルムだから無理矢理人気
レスラーのジョン.シナを使って一本撮った
作品にしか見えないのだ。
とにかくいろいろ残念なところがあって、
工夫すればもっとよくなるのに、
と思った映画だった。

あとひとつ気になったのは、オリジナルの
邦題がつけられていたこと。
こと吹き替えのタイミングにまで口を
出してくる昨今の米映画界にしては
珍しいな、と思った。
ビンスなら文句の一つもいいそうなのに、不思議だ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« №1264 続.ギラギラ.海外編と女性編 | トップページ | №1266 ガンダム、農地に立つ! »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

WWEのだと、ケイン主演の『シー・ノー・イーヴル』とゴールドバーグ主演の『サタン・クロース』が面白いし強いですよ(笑)

投稿: miyo | 2009年4月 9日 (木) 18時27分

miyoさん

 サタン.クロースは聞いたことあります。
ケインのは知らなかったです。
見てみたいですね。

投稿: モンスターAM | 2009年4月 9日 (木) 20時01分

アメリカはたまにレスラーとかが出る映画ありますよね(-_☆)
いつも思うんですがレスラーやミュージシャンが主役になって普通に違和感なく演技ができてすごいって思います(^-^)
日本人のプロレスラーとかだとできなさそうです(゚-゚)

スコーピオンキングの人も確かレスラーですよね(-_☆)

投稿: ともや | 2009年4月 9日 (木) 22時59分

ともやさん

 メジャーリーグ2に、政治家に転身したジェシー.ベンチュラが出ていましたね。
スコーピオン.キングはザ.ロックという人です。今は完全に俳優になってしまいましたが...

 日本人だと海外ほど磨き抜かれていない感じがします。

投稿: モンスターAM | 2009年4月10日 (金) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78408/28961277

この記事へのトラックバック一覧です: №1265 ネバー.サレンダー.肉弾凶器:

« №1264 続.ギラギラ.海外編と女性編 | トップページ | №1266 ガンダム、農地に立つ! »