« №1321 トランスフォーマー | トップページ | №1323 やきそばと紅しょうが、どうやって食べますか? »

№1322 記憶にありません...

コネタマ参加中: 初任給にまつわる思い出を語ってください!



 今から考えると、信じられないかもしれないが、
車業界の営業は人手不足で、早いうちから
青田買いが始まっていた。

 私に接触してきた会社は2社あって、
高級車に豪華食事付き、本社に面接に行けば
交通費支給。いたれりつくせりだった。

 で、結局1月末までうだうだしていた結果、
前々職場に拾われたのだが、
釣った魚にえさはやらないのが、
世の中の常。

 手のひら返しで、3月の休み中に
名古屋のトヨタ全体の研修施設に
一週間入れられ、4月になってからは、
笠戸島に月一週間ずつ監禁されては、
研修付けの日々が始まった。

 で、不遜にも最初からまともに給料がもらえると
当時の自分は思っていたわけですな。

 だが、はじめてもらった給料の中身は
ぺらぺら...まあ銀行振り込みだったから
当たり前なんだけど、とにかく基本給が
やたら低くて、後は出来高という
仕組みをここでやっと知ったわけである。

 だから正直学生時代のバイトの方が
ましだった。拘束時間はやたら長いのに
こりゃないだろ...
当時の同期はまずここで嫌気がさして、
ばたばたとやめはじめた。

 初任給もそんなわけで、何に使ったかさえ、
覚えていない。家に一銭も入れていなかった
のは事実だった。

 夏過ぎてからかな...
ようやく、落ち着いてきて、給料の半分を
家に入れるようになっていったのは...

 その習慣は後々も続いて、車屋で8年、
コンビニで10年半(うち正社員3年半)
と、バイト時代を除くと、家にはお金を入れていった。
ボーナスも入れていたから、けっこうな額
にはなっていたと思う。

 いまこうして働けない状況になって、
飯だけは食わしてもらえるのも、
このときまじめに、お金をいれといたからだと思う。

 過去の自分に感謝....なんちゃってね^^

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« №1321 トランスフォーマー | トップページ | №1323 やきそばと紅しょうが、どうやって食べますか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

movieモン師匠♪おはようさんです~!
アクセスランキングを貼ったんですね♪
私も皆さまの足あとを残せるように、貼ったんですけれど。。。全く反映されないです><
設定がおかしいんでしょうね~。
でも、ジオなんたんら?~の地図のパーツでどうにか分かりますね♪
山口から遥々、いつもご訪問ありがとです~。

家族に大盤振る舞いした記憶は。。。なんとなくあります。
弟には、「ちえこ(妹)より太っ腹だ」とよく言われる姉でした~。
でわぁでわぁ~。新車に乗って旅に出ます~。海外へ(笑)良い休日を♪

投稿: ぽけやん^^ | 2009年5月 1日 (金) 08時07分

おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)v
モンさんの学生の頃は、絵に描いたような事が行われていたんですね。
でも、その後の顛末はちょっと気の毒です(笑)
なんでもそうですが、お金をある時期ちゃんと納めていれば困った時に返ってくるもんですね。
年金もそうあって欲しいですね。

投稿: hirokun | 2009年5月 1日 (金) 09時43分

ぽけやん^^さん

 つけてみたはいいんですが、今ひとつ使い方が
よくわかっていません^^
今度ご教授ください。

 家族へのプレゼントって突然したくなる時って
ありますよね。これがいつもなら、いいんですけど、気まぐれなのが玉にきずで...

 GWはお出かけですか。
うらやましいですね。私は黙々と絵を描き続けます。

投稿: モンスターAM | 2009年5月 1日 (金) 10時05分

hirokunさん

 今こうして生活させてもらっているのも、まじめに家にお金を入れ続けていたからだと思います。
年金は...かえってくるのでしょうか?
とりあえず、少しは役に立ってほしいですが(笑)

投稿: モンスターAM | 2009年5月 1日 (金) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78408/29334634

この記事へのトラックバック一覧です: №1322 記憶にありません...:

« №1321 トランスフォーマー | トップページ | №1323 やきそばと紅しょうが、どうやって食べますか? »