« №1373 実態はこんなモンでしょ... | トップページ | №1375 そばめし »

№1374 戦争と映画

  なぜ日本に映画文化が根づいたの?

http://r25.jp/b/report/a/report_details/id/110000006763

>意外にも戦争が動画の迫力を見せつけて、
スターの存在が映画人気を支えたんですね。
映画誕生から100年以上。
その衰えない文化としての底力が
わかった気がします。

 結局テレビがなかった時代は、動画を
映画が独占していたわけだし、
映画スターがその地位を確固たるものにはしたけれど、
 一時、テレビに圧倒されて、衰退し、
絶滅しかかった文化としては、
この生命力、あっぱれなものがある。

 どういう形にせよ、テレビ局と結びつき、
シネコンを作り、新人の才能発掘を
おろそかにしなかったことが、
本日の隆盛を招いたと思うし、
また、アマチュアの裾野も、パソコンの普及で
一気に広まった。

 少人数で、お金をかけずに出来る
映画が誕生したことも、要因の一つかも
しれませんね...

 まあ、何はともあれ、おもしろい映画が
見られるのはいいことです。
願わくば、過去の財産を食いつぶさない
方向での発展を願いたいものですが。

 しかし、世界中で悪とされる「戦争」を
見たいというのが、観客の望みならば、
案外人間って残酷なものですよね。

 ランキングに参加しています。
もしよかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« №1373 実態はこんなモンでしょ... | トップページ | №1375 そばめし »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78408/29526599

この記事へのトラックバック一覧です: №1374 戦争と映画:

« №1373 実態はこんなモンでしょ... | トップページ | №1375 そばめし »