« №1439 月1温泉6月編.湯谷温泉 | トップページ | №1441 週刊プレイボーイの憂鬱 »

№1440 ねらわれた学園

 09年1月11日観賞。

 大林映画つながりでもう一本。
この映画をこの年になって見返すと
いうのはある意味恥ずかしさを通り越して、
「一種のプレイ」ですな。
15分くらいでなれたけど。

 もともとNHKの少年ドラマシリーズが
先にあって、そのイメージが抜けきらない
うちに、この映画が公開されたので、
最初は反発があった。

 あの名作をアイドル主演で映画化とは
何事だと、当時は憤っていたものだった
(でも見たけど...)

 今や「三丁目の夕日」のお母さんの
イメージの方が強い、薬師丸ひろ子さんが
アイドルとして活躍していた時代の映像って、
懐かしいと言うよりなんかとても不思議な
感じがした。

 そういえばユーミンとの出会いも
この映画からだった。私たちより5歳くらい
上の人たちが聞いていた音楽という
イメージがあって、聞いてなかったんだけど、
この映画で接点を持った人も
多いんじゃないだろうか。

 それにしても出演者の多くが鬼籍に
入られている現実を思うと、年取ったんだ
なあとつくづく思う。

 ランキングに参加しています。
もしよかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

|

« №1439 月1温泉6月編.湯谷温泉 | トップページ | №1441 週刊プレイボーイの憂鬱 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

movieモン師匠♪おはようさんで~す!!
薬師丸ひろ子さんの若かりし頃、可愛い丸顔に光る純粋で鋭い眼力。。。圧倒される存在感を感じました。野生の証明とか、セーラー服と機関銃のイメージでしょうかね♪
今、実際はお母さんでは無いのに、母親役の演技は素晴らしいものがありますよね。
私のコメント、いつも横道にそれてますでしょうかね。。。ですよね><

投稿: ぽけやん | 2009年6月 8日 (月) 09時09分

おはようございます♪
いつも訪問&コメントありがとうございます(*^^)v
最近は、ノスタルジックなシリーズが多いですね。
角川3人娘や大林作品、個人的には大好きですね!

投稿: hirokun | 2009年6月 8日 (月) 09時59分

ぽけやんさん
 
 薬師丸ひろ子さんとは確か同い年なんですが、異性からみても、いい年の取り方なさっていますね。
ある種、あこがれてしまいます。

 お母さん役というのは、当時では想像できませんでしたが、今誰も文句言う人いませんしね。

投稿: モンスターAM | 2009年6月 8日 (月) 12時55分

hirokunさん

 基本的に、映画は流れで見ているので、火付け役は「さよならあなた」になると思います。特別ノスタルジーに浸りたかったわけではないんですよ^^

 この後、どんどんそれていきましたしね^^

投稿: モンスターAM | 2009年6月 8日 (月) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78408/29885818

この記事へのトラックバック一覧です: №1440 ねらわれた学園:

« №1439 月1温泉6月編.湯谷温泉 | トップページ | №1441 週刊プレイボーイの憂鬱 »