№1466 きつい...

 鬱のクスリには、下剤がついていて、必要に応じて
飲むことになっている。で、おとついから、その必要が
なくなったきたので、飲んでいなかった。

 なのに、昨日昼頃からの猛烈な腹痛。
何度となくトイレと部屋を往復して、ふらふら...
(この間、タナベさんの訃報を知る)
 それでも、庭に水やって、散歩に出たが、
脂汗がたらたら...
帰っても、下りは止まらず(お食事中の方、
すいません;)とうとうギブアップ。

 いつもの散歩コースにある、内科にはじめていった。
受付いくと、なぜか受付は全員若い女性で、しかもメガネ!
先生、メガネフェチ??

 脇汗のせいで、うまく体温が測れず、
尿検査もさきほど出してしまった後で、
ちょろっとしかでない。
もう一回検温したら、平熱(5度4分)より低くなっていた。

 ほどなくして母子連れが来た。
娘の方は小6から中1くらいか。すらっと足が長く、
背丈も母親を抜いている。
どうも運動をしているらしい事は、漏れ聞こえる
話しから聞こえてきた。

 それにしても12~13歳で、あの体格...
最近、平成生まれの子をまじまじと見たことが
なかったので、びっくりした。

 奥からベテラン看護婦(あえてこう書く)
さんとおぼしき女性から、名前を呼ばれる。
レントゲン写真を撮られて、外でしばらく待っていたら
なんと「撮り直し」。
 大丈夫か...??

 ほどなくして院長室にはいる。
はじめて会う先生は、白髪交じりの長髪で、
言葉もぶっきらぼう。なんか雰囲気的には
小泉純一郎的「変人」のにおいがする。

 ひととおり診察が終わった後、
「下剤は飲まないように」という一言で
終了。

 そして薬局に行くと、さっきの母娘がいた。
「お薬が苦かったら、ココア味のもありますよ」
という薬剤師さんの説明を聞いて、
「ああ、やっぱりこの子は子供なんだなあ」
と改めて認識した次第。

 しかし、うちの甥と姪があんなにすらっとして
目の前に現れたら、どう対処しよう?
困るなあ、なんか^^


 

 点滴を受けていている間、もう締めの時間が
近いからか、次々と従業員が帰って行く。
件のベテラン看護婦さんは、薬屋さんの応対から、
別の患者さんの注射、その間に先生に
「看護婦さーん」と呼ばれること2度3度。
なぜか、この人名前呼ばれていない(だから「看護婦」さん
って書いたのです)。

 「私、汗かきなんよ」といっていたが、
そうでなくてもこの有り様では、やむを得まい。
のんびりした受付とは正反対だった。

 帰って、おじやを食べて、クスリを飲んで、
風呂はいって、それでも下痢は止まらず
早めに就寝しても腹が張って寝付けず、
午前0時頃に、たまらずトイレに入って、
体中の水分とガスを絞り出す。

 これでようやく眠れた。

 少し話が出来るようになったので、
母と少し会話。

自分「心労かも...」
母「そんなわけない」(キッパリ)

 いや、そんなわけあるんだって。
ここの所の訃報続きといい、
このあいだの父とのケンカ以来、
体調おかしかったんだから...

 まあ、気温の変化と言うことにしておこう...

しっかし、参ったなあ...
今日も静養します...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1465 ニンジャ

 09年1月14日鑑賞。

 今までなんとなくスルーしていた
アメリカの「忍者」ものにトライしてみた。

 ショー.コスギ主演なのだが、
トータル90分中、30分くらいしか登場しない。
忍者が取り憑くものという発想もすごいが、
まず最初に白昼のゴルフ場でのドンパチ、
チャンバラ劇は見るものをあ然とさせる。

 何の目的があって、霊体忍者が人に
取り憑いて斬殺を繰り返すのか、
一切の説明がない。

 これだけでもすごいが、忍者スーツを
着ると誰でも忍者になってしまうのがすごい。
ある意味アメリカ人の忍者の理想像なんだろう。

 途中そっちメインになって霊媒映画かと
思うような展開になっていたのだが、
最期は御大.ショー.コスギのアクションで
しめられていたので、事なきを得た...
そんな感じ。

 それにしても1984年製とは意外と
新しい映画だったりする。
70年代くらいのものなのかなと思っていたけど。

 しかしこの映画の最大の謎は原題が
「ニンジャ3」であること。「1」と「2」は?
そっちが気になって、今前2作を見たくて
しょうがないのである。

 ひょっとしたら輸入されていないのかな?

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1464 そんなのいっぱいあるぞ!

実は原作コミックを読んだことがないアニメランキング

http://ranking.goo.ne.jp/column/article/goorank/9032/

 そんなのいくらでもあるぞ。
一番顕著なのは、「全部通してみたことがない原作」
を「読んだこと」にするか、「読んだことにするか」で
だいぶん変わってきますしね。
 あと「ちら見」とか「最終回だけ」(流行りましたしね、
宝島の「いきなり最終回」とか^^)なんかも
部類が別れてくる。

 その辺、どうすればいいんですかね?

 「魔法陣グルグル」が原作知られていないというのは
意外だったけど。「ハガレン」はなんとなくわかる。
「グルグル」は全巻もっているけど、「ハガレン」は
チラ見。

 古いのだと、金がなくて全巻買えなかった「巨人の星」
に、最終回しか読んでいない「あしたのジョー」...
「鉄腕アトム」は立ち読みで、全部通して読んでいないし、
「鉄人28号」もちょっとだけ。

 「仮面ライダー」もまだだなあ...
「マジンガーZ」もそう。

 はじめて、アニメとマンガが「完全」一致したのは、
「ヤマト」とか「999」になるのかなあ...
しかし、松本作品はどれも未完だし...

 やはり、「めぞん一刻」まで待たないと、ないだろうなあ...
その次が「うる星やつら」。
遅れて「ルパン三世」...

 意外とありそうでないのだ^^

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1463 黄緑色

コネタマ参加中: あなたが好きな蛍光ペンは何色?

この記事を評価する

同じネタに参加したブログ
あなたが好きな蛍光ペンは何色?
マンゴーの切り方*
好きな蛍光ペンは何色?

 これで描くと、非常に色合いがよく出せる
マンガのキャラクターがあるんですよ。
それは「超人ロック」。

Photo










 私は、蛍光ペンを一本しかもっていませんが、
それが黄緑色。もともとはアンダーライン
ひくために買ったはずなんですが、
いつの間にか、落書き専用になってしまいました。

 たまにほかの絵にも使ってみるんですが、
もうひとつ合わないんですね。

 そういうわけで今は「超人ロック」専用画材に
なっています^^

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村f="http://movie.blogmura.com/">にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1462 ポリス.ストーリー.2.九龍の眼(クーロンズアイ)

 09年1月13日鑑賞。

 前作に比べるとちょっと詰め込み
過ぎすぎかな。

 パート1の敵役がチェン刑事の恋人
メイに散々ちょっかいを出すのだが、
それが本筋と絡んでいなくてちょっと残念。

 新しい敵の爆弾犯がなかなかの強敵と
して描かれていた(特に口の不自由な
弟役の人。足捌きが華麗で見ていて驚いた。
だれだろ。こんな使い手がいるなんて
香港は奥が深い)だけに、そこのつながり
さえきっちり描いていれば完璧だったのに。

 かといって二時間越えてしまうと、
この映画のスピード感が死んでしまうし、
難しいところである。

 まあジャッキー監督の若き日の過ち
ということで許しておこう。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1461 買ったものは...

コネタマ参加中: お気に入りの映画DVDを教えて!

この記事を評価する

同じネタに参加したブログ
ミュージカル大好き☆
お気に入りの映画DVDを教えて!
オマージュって言うのかー


 買ったものは3枚しかない。
しかも、いわゆるワンコインDVDである。

 私が買ったときは、それが一枚280円に
値下げされており、しかももう一枚買うと
さらに750円とお買い得になると言う。

 そんなわけで、「一枚足した」のが、今回の「お気に入り」
である。
 お目当ては、ヒッチコックの「バルカン超特急」。
もとはBS-2で放送していたモノを録り損ねて
オチがみられなかったことが、買う動機になった。

 しかし、これが「大外れ」。
肝心の日本語訳が、全部「直訳」。
しかも、ひとつの画面に台詞が
必ず2行あるのだ。
 もう意味を追うだけで必死!!

 その上、多国語は一切訳していない。
全部(ドイツ語)(イタリア語)といった表記で
処理されている。

 肝心のラストを見ることは出来たのだが、
もうそれどころではなかった。

 もう一枚の「キングコング」も、「バルカン」
よりはましだったとはいえ、余りいい訳だとは
思えなかった。

 そしてついでに買ったのが「自転車泥棒」。
これは小学生の時に友達のうちではじめてみて、
わけがわからないなりに、ラストシーンで
理不尽な思いをしたことを覚えていたから。

 後にビデオ録画したのだが、なんとなくみないまま
今に至っていた。

 しかし、これがあたりだったんですね。
内容もほどよく忘れていたし、年とってからみても
全然色あせない名画だったし。
何より字幕が邪魔じゃなかった。
これは大きかった。

 字幕のありがたみをこれ以上感じたことはない
買い物だった。

Photo_5




 「過去ログ」です。
よかったら読んでやってください。

「バルカン超特急」

http://king-of-hearts.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/768_6939.html

「キングコング」

http://king-of-hearts.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/767_1933_dc7a.html

「自転車泥棒」

http://king-of-hearts.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/769_9127.html

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1460 超能力が使えたら?

コネタマ参加中: もしも超能力が使えたら、何をしてみたい?

この記事を評価する

同じネタに参加したブログ
まっがーれ←スペクタクルしたい(#^.^#)
もしも超能力が使えたら、世界平和を実現したい!
超能力

 今すぐ、ココログの不備を全部一掃したいです。
ココログにログインできるのに、コネタマなどに参加
できないというのは、こまります。
 
 解答も「こっちが悪い」「ベータ版だから
個々のサービスには応じかねます」
など、誠意のないモノばかり。

 今度という今度は、まじめに引っ越し考えます。
そもそも契約するときからすでに
不誠実な対応とられていたので、
その時点で考え直すべきでした。

 残念です。

今すぐ改めてください。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1459 三沢光晴さん、逝去

三沢光晴、急逝...

 昨日は体調不良で、テレビもろくに見られなかった。
今朝5時に目が覚めても、最初にミクシィで見たのは
「こち亀」のニュースで、トップにもどってきた瞬間、
気が付いた。

 あっという間もなく、目が覚めた。
いや、現実としてはまだ受け入れていない。

 亡くなった選手には哀悼の意を込めてその勇姿をイラスト
にするのだが、今回はちょっときつい...

 しばらく時間ください。

ご冥福をお祈り申し上げます。

Photo 




1日分のエネルギーを
つぎ込みました....

 へとへとです。

これをたむけにさせてください....

| | コメント (8) | トラックバック (0)

№1458 ポリス.ストーリー.香港国際警察

 09年1月12日観賞。

 年の初めにブリジット.リン
銀幕復帰のニュースを聞いて、
これはもううれしくて仕方なかったので、
何か出演作をと言うことで、
「スウォーズ.マン」シリーズは結構
見ているので、こちらにしてみた。

 広島の映画館で見て以来なんと
四半世紀ぶり。ジャッキーも若いけど、
さらにびっくりしたのは若くして既に
ブリジット.リンの演技は完成し尽く
されていること。かわいくて、ちょっと
小悪魔的で、ほんのりお色気もあって、
と男を振り回す悪女を実に楽しそうに
演じていらっしゃる。

 実にうまい。
その上アクションシーンでは体を張りまくる。
ガラスに頭からつっこむのは茶飯事。
狭い空間であれだけのアクションを
こなしてしまうのも見事としか言いようがない。

 あー久々に楽しかった。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

№1457 鬱治療の一環として

コネタマ参加中: ブログをやっていて“楽しいこと”、教えて!

この記事を評価する

同じネタに参加したブログ
隠れオタクの身としては
誰かが共感してくれてるんだなぁ
良い事も悪い事も全て必要なプロセス

 この3月30日をもってまる3年が
経過しました。4年目に突入です。

 最初は「鬱」の治療の一環として
スタートしました。先生にも勧められたし、
前年に、うちの電話が光に変わっていたことも
要因としては大きかったし、
NTTがニフティのネット接続まで一ヶ月
かかるといわれて、おとなしく待っていても、
なしのつぶてで、嫌々ながら(当時は
人としゃべるのも苦痛だった)電話してみたら、
契約したらすぐにネットが使えると言うではないか!

 じゃ、なんでわざわざ書いて送った手続きを
一切無視するんだ、ニフティ。説明不足も
いいとこだぞ、NTT!

 まあ、おかげで、光にしてから3ヶ月の間、
ひたすらパソコンをワープロ代わりにして、
原稿を書きためていった。
それが今に至るまで、私のスタイルになっている。
ココログを選んだのも「予約投稿」があったから。
これが、私のスタイルと見事合致した。

 最も、後になってこんなに不具合が多いとは
夢にも思わなかったが...

 映画日記は、その「別口」で、ただ鬱の毎日を
書いても変化がないので、見た映画、日時、
みたときの体調、出来事などを添えることで
「記録」がわりにしたのが最初。

 それが、鬱がひどくなって、更新が滞りはじめたときに
役に立った。今では拙ブログの中心的存在である。
最も、かなりの時間を映画に費やしているため、
地上波のほかの番組が見られなくなってしまったが...

 そして、忘れてはいけないのが、
「イラスト」。これもブログを飾るつもりで
約6年ぶりに復活させたものだが、
最初は、もう全然なっていなくて、
腕はさびまくり。情けなかった。

 途中、なんとかパソコンで描くところまで
できたのに、肝心のパソコンが長期故障に
至り、結局やり方を全部忘れて、アナログに
逆戻り。
 
 ところがこの春みた「ヤマトよ永遠に」で、
作画監督をつとめられていた「金田伊功」氏の
あまりの作画の楽しさに、ついつい導火線に
火がついてしまい、3年過ぎてから、ようやくイラスト
ブログとしての体をなし始めていた。

 偶然にも、不眠症に悩んでいて、おきていても
することがなくて、仕方なく取り組みはじめたというのもあるが、
絵を描く楽しさに目覚めたというのは大きかった。

 最も、手間は今までの倍以上になってしまったが...

 とにかく、今まで「続けてきた」こと。
これがすべて。私個人の力ではなく、
みてくださっているすべての皆さんのおかげ。

 ありがたいことです。
これからも、綱渡りでブログ続けて参りますが、
どうぞ、よろしくお願いします。

Photo_4

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧