№1457 鬱治療の一環として

コネタマ参加中: ブログをやっていて“楽しいこと”、教えて!

この記事を評価する

同じネタに参加したブログ
隠れオタクの身としては
誰かが共感してくれてるんだなぁ
良い事も悪い事も全て必要なプロセス

 この3月30日をもってまる3年が
経過しました。4年目に突入です。

 最初は「鬱」の治療の一環として
スタートしました。先生にも勧められたし、
前年に、うちの電話が光に変わっていたことも
要因としては大きかったし、
NTTがニフティのネット接続まで一ヶ月
かかるといわれて、おとなしく待っていても、
なしのつぶてで、嫌々ながら(当時は
人としゃべるのも苦痛だった)電話してみたら、
契約したらすぐにネットが使えると言うではないか!

 じゃ、なんでわざわざ書いて送った手続きを
一切無視するんだ、ニフティ。説明不足も
いいとこだぞ、NTT!

 まあ、おかげで、光にしてから3ヶ月の間、
ひたすらパソコンをワープロ代わりにして、
原稿を書きためていった。
それが今に至るまで、私のスタイルになっている。
ココログを選んだのも「予約投稿」があったから。
これが、私のスタイルと見事合致した。

 最も、後になってこんなに不具合が多いとは
夢にも思わなかったが...

 映画日記は、その「別口」で、ただ鬱の毎日を
書いても変化がないので、見た映画、日時、
みたときの体調、出来事などを添えることで
「記録」がわりにしたのが最初。

 それが、鬱がひどくなって、更新が滞りはじめたときに
役に立った。今では拙ブログの中心的存在である。
最も、かなりの時間を映画に費やしているため、
地上波のほかの番組が見られなくなってしまったが...

 そして、忘れてはいけないのが、
「イラスト」。これもブログを飾るつもりで
約6年ぶりに復活させたものだが、
最初は、もう全然なっていなくて、
腕はさびまくり。情けなかった。

 途中、なんとかパソコンで描くところまで
できたのに、肝心のパソコンが長期故障に
至り、結局やり方を全部忘れて、アナログに
逆戻り。
 
 ところがこの春みた「ヤマトよ永遠に」で、
作画監督をつとめられていた「金田伊功」氏の
あまりの作画の楽しさに、ついつい導火線に
火がついてしまい、3年過ぎてから、ようやくイラスト
ブログとしての体をなし始めていた。

 偶然にも、不眠症に悩んでいて、おきていても
することがなくて、仕方なく取り組みはじめたというのもあるが、
絵を描く楽しさに目覚めたというのは大きかった。

 最も、手間は今までの倍以上になってしまったが...

 とにかく、今まで「続けてきた」こと。
これがすべて。私個人の力ではなく、
みてくださっているすべての皆さんのおかげ。

 ありがたいことです。
これからも、綱渡りでブログ続けて参りますが、
どうぞ、よろしくお願いします。

Photo_4

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (1)

№1420 久石譲さんのアニメBGM

コネタマ参加中: 宮崎アニメ、好きなのはどれ?



 「はじめ人間ギャートルズ」は、
本名の「藤澤守」名義で担当されていたので
当時の曲は余り思い出せない。

 私が印象に残っているのは、「さすがの猿飛」
とか「銀河疾風サスライガー」「機甲創世記モスピーダ」
「バース」といったあたり。

 モスピーダくらいまでは、普通のアニメBGM
としてもよくできていて、私もサントラを何枚か
もっている。

 音楽の色合いが変わりはじめたのは、
「チャゲアス」のアレンジを手がけられていた頃
だと思う。
 当時としては、YMOという先駆者が道を開いた
「打ち込み系サウンド」(でも、純粋なテクノではない)
をガンガン使い、特に「バース」や「ナウシカ.鳥の人」
(イメージアルバム)などは、その色合いが
もろに出ている。

 だから、ウィキに「音楽は当初、細野晴臣
手掛ける予定だったが、出来上がった主題歌が
映画のイメージと合わないという理由で
宮崎駿と高畑勲が採用を取りやめ、
「イメージアルバム」を手掛けた久石が
代打として本編にも起用された。」
とあるのは、細野さんのせいじゃなくて、
安○成美さんのせいではないかと...^^

 ところが、一転「本篇」の音楽は、
シンフォニーに変身!これが現在まで
続いている「久石音楽」の代表的イメージである。


 ただ、代表的なのは「ラン、ラララ、ランランラン」
でおなじみの幼い声。あれは当時の久石さんの
お嬢さんの声であるが、「鳥の人」では、「ナウシカ」役の
島本須美さんが歌っていらっしゃる。
これだけでもかなり違う。

 そういう訳で、「鳥の人」を聞くまでは久石音楽は
「宮崎アニメにはあわない」とイメージを
もっていた。むしろ「未来少年コナン」の
池辺晋一郎さんの牧歌的なイメージが
ふさわしいと思っていたくらいだった。

 だから、世の中どうなるかわからないものである。
人と人との出会いで作風も変化していくんだなあ...
と思うと、感慨深い。

 でも打ち込み系の色合いは「トトロ」くらいまでは
残っているので、そっから想像していただきたい。

 久石譲さんの変遷をたどると、結構おもしろいのであるPhoto_2











 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村ef="http://movie.blogmura.com/">にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1334 高英雄さん、逝く

「雪の降る街を」シャンソン歌手・高英男さん死去
 ↓
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090504-OYT1T00411.htm

Photo








  大往生だったんでしょうね。
コサキンファン的にはもう「男と女」しかないでしょう。

 あの字あまりな訳詞...
無理矢理あたいきってしまうすごさ...
これはもう聞かないとわからない。

 きーこーえールバダバダ、声ヨダバダバダ...(笑)
何度となく、笑わせてもらいました。

 「ゴミケドロ」みたいなあ...
どっか録っていたような気がするけど...

 ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

№1328 巨星.忌野清志郎、墜つ...

Photo<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

http://mainichi.jp/select/today/news/20090503k0000m040102000c.html

アニメ版「県立地球防衛軍」の主題歌、
SF(さいえんすふいくしょん)が好きで、
何回も聞いていました。

 「い.け.な.い.ルージュマジック」は
当時大衝撃でしたもの。覚えていないわけない。

 巨星がまた、この世からいなくなった。
さびしい。合掌。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1253 ドライビングソングねぇ...

コネタマ参加中: ドライブのときに聴きたい曲、教えて!



 昔はお気に入りの曲をカセットに詰め込んで
よく運転していたものだった。
それとは別に深夜放送を、録音して、
長時間移動の時はよく聞いていた。
特に車の営業時代は深夜放送から
曲を仕入れては聞いていたような
気がする。

 「音楽の入り口は?」と聞かれると、
大概、サントラか、プロレスラーの
入場テーマと答えるのだが、
実はラジオからもかなりの影響を受けている。

 年代的に受験生でもないのに、タイマー録音
しておいたこれらの放送を聞いていたおかげで、
色んな世代の人と話が出来たのも大きかった。

 私にとって一時期「深夜放送」が
ドライビングソングの代わりをしていたことは
間違いない。

 車に余り乗らなくなってからは、
まったくかけないか、同じ曲ばっかり
聞いている。特にCDチェンジャー
をつけてからは、変えるのがめんどくさくて、
そういう傾向に拍車がかかっている。

 ちなみに今はいっているのは、
グレンラガン×2、アニソンベスト、
サディスティック.ミカ.バンド(黒船)
プロレスQ11と12、山本正之「アニメの大王」
後はCDクリーナー。

 昔は人並みにチューブとか、オメガドライブ
とかも聞いていたんだけど(夏限定で)
いつの間にか聞かなくなってしまった。
CDも買わなくなってしまったしね...

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1248 東方通信.61. たどりついたらいつも雨降り

 これが以前私のテーマ曲と言った
「たどりついたらいつも雨降り」。

うじきつよし版(子供ばんど)のもの。
http://www.youtube.com/watch?v=rKofjpkvkhA&feature=related

 色んな人がカバーしてました。
氷室京介版。ちゃんとヒムロックして
いますね(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=MAplxoK-DNI

こっちがオリジナル。モップス版。
歌は、故.鈴木ヒロミツさん。
http://www.youtube.com/watch?v=XuKPBq7s554&feature=related

なんと桑田佳祐版も!こっちも捨てがたいなあ。
http://www.youtube.com/watch?v=fNX67V49B1A

そして大トリは作詞.作曲者の吉田拓郎バージョン。
これ好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=JPihM5wHihA&feature=PlayList&p=CE47DBCE49FF29E1&index=10

 なんか中島みゆきさんもカバーしていらっしゃる
ようなんですが、開いたら別な曲だったので
探しきれてません。すいません。

 でも拓郎の歌をみゆきさんが歌うとは、
ある意味意外...

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

№1215 失恋ソングとは限らないけど...

 *失恋したときに聞きたくなる曲ランキング*

http://contents.oricon.co.jp/news/ranking/63970/full

 「さよなら」はもう定番ですね。
私の若い頃から不動の地位にある曲。
ミスチルの歌は知らないので、
なんともいえないけど、意外にも
男性の3位にプリプリの「M」が
入っていたのは驚いた。

 そりゃ、名曲だって事は私だって
知ってますし、認めますけどね。
女子の一位が「M」なのはわかるんだけど...

 こうして見ると失恋ソングというのは定番が
強いんだなあと、改めて思った。

 ちなみに、私は失恋に限らず、
落ち込んだときに聞くのが
「たどりついたらいつも雨降り」。
これはKODOMO BANDのカバー
の方なのだが、元は鈴木ヒロミツさんの
「モップス」というグループが歌っていた。
作ったのは吉田拓郎さん。

 聞くとなんだか疲れ果てた自分が
さらにどん底に落ちそうになる曲なのだが、
「ちくしょう、みてろ」という気にさせてくれる
歌詞なのだ。
これを私は常に「自分のテーマ曲」であると
吹聴している。
 悔しいのは、だいたいいつもこの歌に
すがらないといけない状況に陥ってしまうことが
多いということなのだが...(苦笑)

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1204 卒業ソング

コネタマ参加中: 「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?

 私は好きでも嫌いでもないのだが、
そういわれてぱっと来るのが斉藤由貴の「卒業」。
尾崎でもユーミン(あれは卒業写真だけど)でもなく
真っ先に浮かんでくるんだから、しょうがない。

 ちなみにウィキで調べてみたら、「贈る言葉」とか
「じゃあね」とか「想いでがいっぱい」なんてのもあった。

 昔からそんなに歌番組を熱心に見ていた方ではない。
金八先生も見ていない(プロレス見てたから)。
なのに、この曲は強引に私の頭の中に
住み着いているのである。

 考えてみれば、ここ最近の曲はこちらが
積極的にならないと頭には入ってこない。
勿論今だっていい曲はいっぱいあろうし、
まあ年取ったせいもあるんだろうけど、
昔の曲ってなんか強引に割り込んでくる
ようなある種の「強引さ」があった。
 能動的でも頭に残ってしまったら、
もうその時点で負けである。

 そういう曲はとにかく多かった。
その最後の世代くらいが
斉藤由貴あたりになるんじゃなかろうかと
思う。
 ちなみに自分の卒業式では一回も
泣いたことはない。冷たい人と言われそうでも
これが事実なんだからしょうがない。
小学校の時は少ししこりが残ったんだけど、
これはまたいずれ...

 割と出て行けるのですっきりした
なあという記憶しかない。
学校なんてそんなものだと思っていたし。

 あ、そうそう唯一、幼稚園の
卒園の日に、担任の先生が
ご結婚されて大阪へ行くと言うことで、
本当のお別れになってしまうので、
なんかさびしいなあと思ったことはあった。
先生がピアノを弾きながら泣いていらしたし。
それははっきり記憶に残っている。

 あ、ちなみに「スケバン刑事」は見ていたけど、
「卒業」とは記憶がリンクしない。
やはり「卒業」とくれぱ私の中では
この一曲しかないのだ。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

№1157 はじめて買ったのはカセット

コネタマ参加中: 初めて自分で買ったCD(レコード)を教えて!

 なぜなら、家にレコードプレイヤーが
なかったからである。
ちなみに買ったのは中2の時。
品は「さらば宇宙戦艦ヤマト」のサントラ盤。

 後に妹がコンポを買って、それから
レコードを買うようになったのだが、
何が最初だったか覚えていない。
たぶんアニメのサントラだったと
思うんだけど。

 後に就職してCDラジカセ(当時の漫画
「TO-Y」の主人公、藤井冬威のイラストつき)
を買った際にまず何を買おうか
悩んでいた。
候補は二つあって、デビューしたての
久保田利伸のファーストアルバムと
もうひとつとどっちにしようか悩んだのだが、
結局久保田利伸をあきらめて買ったのが、
135(いちさんご)というバンドの
ファーストアルバム「一三五」
だった。
 ちなみに135についてはこちらから

http://tsuiseki.sakuraweb.com/musician/i/bm-i0042.html

 決め手は今となっては思い出せない。
たまたまあったからとしかいいようがない。
ちなみに今でも活動は続けていらっしゃる
らしいので、なんか嬉しくなった。

 たまには聴いてみようかな....

135の代表曲、「ウォーアイニー」です。

http://www.youtube.com/watch?v=Me2AG6V10Vo



 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリック御願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

№1139 こりゃシャクだった

コネタマ参加中: 聴くと気合が入る曲を教えて!

 この三月で終わるTBSラジオの「コサキン」。
ここから学んだものの一つとして、
ハナ肇とクレージーキャッツの存在がある。
私らはドリフ世代なので、その一つ前の
クレージーの映画を知らない世代である。

 最初の接点はタイトルにある通り
「こりゃシャクだった」という曲。
あの「スーダラ節」のB面だった作品である。
もうちょっとでうまくいきそうなのに、
いつも詰めが甘くて失敗してしまう
主人公を植木等さんが例の口調で
「ははっ、こりゃシャクだった」と
豪快に笑い飛ばすという歌で、
最初はカルチャーショックを受けた。
日本にこんな名曲が存在していたのかと。

 それからは狂ったようにクレージーの
色んな映画を見ていった。
中でも最高傑作の呼び声高い
「日本一のホラ吹き男」

https://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=8000779&blog_id=79925


これには本当に気合いと元気、勇気をもらった。
「こりゃシャクだった」がクレージーソングの
最高峰なら、この映画はクレージー映画の
最高峰である。

 とにかく私の人格形成の中に多大な
影響を与えたクレージーキャッツ。
多感な十代最後から二十代前半に
出会えたことを心の底から幸運に思う。

 ランキングに参加しています。
もしよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)