king-of-hearts.cocolog-nifty.com > 超級覇王電影弾 (イラストギャラリー)

№1.ズババババーン!

№1.ズババババーン!

諸事情に尽き、現在パソコンで絵が描けなくなって
スキャナーも使えなくてやむを得ず、手描きで描いた
ものを写メで接写してみたのがこれ。
試しにやってみたけど
まだ工夫が必要な感じ。
ちなみに本文№2「家にテレビがやってきた日其の弐」
に出てくる「バロム1」を描いてみました。
本当何十年ぶりかで描いたので結構苦労しました。
ちなみにメモ用紙に適当にマーカーと筆ペン使って
描きました。仕上がり汚いけど、
写真も粗いのでわかんないかな?(笑)


№2.地底から来た男

№2.地底から来た男

 えー、これも「バロム1」同様、
同じ手法で作ったファイヤーマンです。
本文№6.7「ファイヤーマンの思い出」に
登場しています。
この間実に久しぶりに動く
ファイヤーマンを某番組で見ました。
さすがに光学合成華やかな特撮は
今でも目を引きましたが、
案外必殺技がかっこ悪くて
ちょっとショックでした。
 これは必殺技に入るちょっと前の
ポーズをイメージしてみました。
実物はもっと光ってますし、
もっと燃えています(笑)
 あ、一応念のため。ファイヤーマンは
地底から来たヒーローです。


№3.男なら、男なら♪

№3.男なら、男なら♪

 今年年賀状用に書いたもの
を載せてみました。
「アストロ」ですね。
実写と漫画の中間をねらったら
こんなになっちゃいました。

 ちなみにこのすぐ後にパソは
壊れて長期入院。
戻ってきてもフォトショップ
使えなくなっちゃいました。
いつか金貯めてまたパソで
作業できるように
なりたいものです。


№4.馬鹿は死んでも直らない.1

№4.馬鹿は死んでも直らない.1

 クレージーの名曲を冠して、私の作った
同人誌のいくつかをご紹介します。といっても
実は個人で作ったものはここでアップしたものが
全部。意外と少ないかも。
 昔は紙媒体しか表現方法はなかったですからね。
ブログはある意味手軽な同人誌がわりといっていい
かもしれません。

 これは一番ふるいもので、このちょっと前くらいに
ネタ漫画関連の投稿が採用されはじめた頃かな。 


№5.馬鹿は死んでも直らない.2

№5.馬鹿は死んでも直らない.2

 №4の次に作ったのが
サムライトルーパー本。
やはりオールパロディー。
さすがに中身は見せられません(笑)。
これは表紙ですね。
ガンダム以来ずっと見続けていた枠で、
当時は夕方にワールドプロレスリンクが
あってその流れで見ていました。


№6.馬鹿は死んでも直らない.3

№6.馬鹿は死んでも直らない.3

 前の二つが昭和に作ったもので、
これが平成に入ってからのもの。
当時見ていた戦隊モノに登場した
敵キャラが一話限りで死んだのですが
それがあまりに惜しくて、自分で
オリジナルストーリーをでっち上げて
一冊作った、笑いなしのコピー本。
今見るとつたなすぎて笑える(笑)
原稿はまだどっかにのこっているけど
怖くて見られない。


№7.馬鹿は死んでも直らない.4

№7.馬鹿は死んでも直らない.4

 裏表紙ですね。
全く似せて作らなかったんで
わからないと思いますが、
番組ヒロイン(ピンク)のつもりです(笑)

 この役者さんは現在もバラエティー
などで活躍されていますが、
これ見ていた当時はまさか
「こんなに」なるなんて想像も
できませんでした(笑)


№8.鍛えてますから 〆シュッ!

№8.鍛えてますから 〆シュッ!

 とうとう司会業まではじめてしまった響鬼さん(笑)
あちこちに書き込んだ「仮面ライダー響鬼」二十九話
までの感想を一冊にまとめた本の表紙です。
フォトショップが使えない今は再発行もできないので
手元にもっている分だけですけど。

 文章だけで一冊作ったのは初めてでした。


№9.たちばな姉妹

№9.たちばな姉妹

 で、こっちが裏表紙。
タイトルは「響鬼日記」で文字通り日記風に
毎週日曜になると書いていました。
こういう活動が習慣化して
現在のブログへの布石になっています。

 ちなみに二十九話以降も書いていて
本当はこっちも一冊にまとめる予定だったのですが
路線変更に対する内容が回を追うごとに辛辣になって
しまい、とても人にお見せできないので
封印してしまいました。

 


№10.難しいぞっ!

№10.難しいぞっ!

 エー本文でマクロスの事をアップしていて
どうしてもマーカーで描かれた当時の絵の
雰囲気を説明したくてマクロスの
ヒロイン、リン.ミンメイを自分で
描いてみたはいいんですが、
全然にてない!久しく使ってなかったので
マーカーの色がでないっ!
ちょっといい紙使って描き下ろしたのに
...とにかく散々でした。
 要するにこういうタイプのイラストが
はやったと言うことが言いたかったのです(汗)


№11.誰がために闘う

№11.誰がために闘う

 で、描きおこしで昔よく模写していた
009を。今描くと第二期のアニメ版と原作の
中間くらいの絵になってしまいました。
昔はもっと原作初期っぽい感じになって
いました。初期版は今も持っていますが、
読み返しても本当に面白い作品です。

 009といえば初期のまんがまつり版では
主題歌にあわせてコスチュームの色まで
変えられていましたが、以降のアニメ化
では原作に忠実なカラーリングになりました。
しかしテレビスケジュールとのかねあいも
あってなかなかクオリティーの高い決定版が
でてこない作品でもあります。


№12.ビッシビシ!!

№12.ビッシビシ!!

 えー何年か前の正月に作った
年賀状図案の試し刷りが出て
参りました。パソがパーになって
データもなくなってしまったので
皮肉にもこれが手元に残った
数少ないパソで作ったイラストの
一つです。ちなみに当時席巻していた
魔界倶楽部.星野総裁です。
懐かしいですね(笑)


№13.いつの日か

№13.いつの日か

 これは№12にさかのぼること一年前の
年賀状。これも同様に下書きをスキャナで
取り込んでパソコンで色を付けたものです。


№14.山下将軍閣下

№14.山下将軍閣下

 実は以前似顔絵がわりに拝借した
某映画の主人公にして、某映画評論家に
よく似ている?山下将軍閣下の絵。
元は白黒なのですが、再録にあたって色を
塗ってみました。


№15.やめるとかやめないとか

№15.やめるとかやめないとか

 これは昔描いたカットに色付けたもの。
白黒ものは修正が入っていて手描きの
着色は色がのらない場合もあるのですが、
これは比較的うまくいった方です。
出来はともかく(笑)
 ちなみに某老舗団体の副会長を
描いたものです(笑)


№16.矢吹反撃!

№16.矢吹反撃!

 これは描きおこし。
原作とアニメの中間くらいになって
しまいました。ホセとの最後の死闘ですね。
写真がぼやけたおかけで何となく
思ったよりはいい感じになったのは
怪我の功名?


№17.封印開放

№17.封印開放

 何の意味があるのかわからないけど、
復活するらしい魔界倶楽部にあわせて
「初代」の賀状用図案のこちらは没案。
やはり総裁一人の方がインパクトでかかったし、
「ビッシビシ」をいれたかったしで
結局使いませんでした。


№18.轟轟戦隊

№18.轟轟戦隊

 清書する前にあたりをつれる意味で
こうした下書きをしますが、自由に
かけるので気分的にはこちらの方が
のって描けます。ちなみに資料は全く
見ずにイメージだけで作ってみました。
これもあんまりやらないんですけど、
ノリを大事にするときは敢えてこういう
事もする、と。


№19.冒険DREAMERS

№19.冒険DREAMERS

 で、下書きから描き起こしたのが
これ。イメージなのでテレビのそれとは
違います。考え方としては自分が
コミカライズしたらこういう感じの絵になるな
というイメージで描きました。
 清書すると切れがいまいちなのですが、
これは番組が好きなせいもあって
のってかけました。最近では腕の
痛みを気にせずに描けた一枚です。


№20.宇宙の星よ永遠に

№20.宇宙の星よ永遠に

 落書きにマーカーで簡単彩色。
イメージボード風にしてみました。
ラフな絵をたくさん描いてスタッフの人に
イメージを伝える作業をイメージボード
作りといいますが、アニメでは宮崎駿さんら
が定着させた?(宮崎さんは水彩主です
けど。この手のものがマーカーに
なったのはやはりマクロス以降かな)
手法です。
 ちなみにザンボット3の勝平くん
を描いてみました。
声が大山のぶ代さんなんですけど、
かつては少年声を一手に引き受けて
いらした時代を知る者にとっては
ドラえもんの方がむしろ
アウェーなのです。


№21.夜空の星が輝く影で

№21.夜空の星が輝く影で

 えーザンボットと同じようにブライガー
を描いてみました。
柴田秀勝さんの名調子も懐かしい
アニメーション。

 これも落書にマーカー。
勿体ないので下書きを新たに書き起こして
着色してみました。以下続きます(笑)


№22.涙背負って宇宙の始末

№22.涙背負って宇宙の始末

 というわけで色塗る前の下書きがこれ。
なるべく一本の線で綺麗に描くように
心がけました。このまま鉛筆のタッチを
残して色塗りたいと思ったので...
 で、仕上がりは(更に続く)


№23.お呼びとあらば即、参上!

№23.お呼びとあらば即、参上!

 えー、そんなこんなで色つけてみました。
こんな感じになります。アニメに忠実と言うより
少し紙に映える感じを心がけてみましたが
結局はノリですね(笑)
 久しぶりに描いてみたけど楽しかったな。


№24.亡き曽我さんにささぐ.1

№24.亡き曽我さんにささぐ.1

 これも落書き程度に描いてみたもの。
とはいえ追悼の気持ちで描いているので
この時点でかなり気合いが入っていました。


№25.亡き曽我さんにささぐ.2

№25.亡き曽我さんにささぐ.2

 これは着色用に描き起こしたもの。
存在感と威厳に満ちた女王が描けたら
いいなあと思っていました。
このまま一気に描き進めて...


№26.ヘドリアン女王

№26.ヘドリアン女王

 というわけで電子戦隊デンジマンに
でてきたへドリアン女王の完成。
オリジナルよりやや派手目に色
つけました。撮ったときに丁度
よくなるので。

 東映特撮になくてはならない
偉大なる故.曽我町子さんに捧げます。


№27.前描いたラクガキ

№27.前描いたラクガキ

 落書きに簡単彩色。
こういう感じのイメージボードも
あるもので。いわゆるアニメ絵
なんですが、よりかわいい
感じにするには鼻の形を
リアルに近づけるかどうかも
境目の一つ。これはやや大友チック
な感じが入っていますね。


№28.少年漫画風

№28.少年漫画風

 突発的な思いつきで描いてみました。
こういうのは昔マンガ描いていた頃
やっていたなあと思って。ストーリーは
特に浮かばないんですが、
ただなんとなくやってみようという感じです。


№29.マスコット1

№29.マスコット1

 これは昔描いたマスコットキャラクター。
募集していたのですが、他に誰も描く人が
いなくてあっさり採用されました(笑)
ちなみにこれは色が付いていたのです
が、採用時はモノクロになっていました。


№30.マスコット2

№30.マスコット2

 で、当時を思い出して色つけてみました。
色々見る人によっては言われるんですが、
本人はタイガーマスクシート的感じで
描いてみただけで深い意図はないです。


Photo

Photo